博多の良さが詰まった美味しさ!「ぱん屋のぺったん」の魅力をご紹介

福岡市博多区にある「ぱん屋のぺったん」。福岡市には様々なコンセプトのパン屋さんがありますが、今回ご紹介する「ぱん屋のぺったん」は流行りや時代に左右されることのない博多の良さと美味しさを感じられます。今回は、その魅力とおすすめパンのご紹介を致します!

目次

観光がてら寄りやすい立地!「ぱん屋のぺったん」

出典:nikosaki

福岡市地下鉄空港線「祇園駅」から徒歩約3分のところにある、「ぱん屋のぺったん」。 博多祇園山笠の発祥の地でもある福岡の観光名所「承天寺」から徒歩約5分、博多の氏神、総鎮守である「櫛田神社」から徒歩約3分のところにあるので、観光がてら寄るのにもちょうど良い立地です! 博多駅からのアクセスが良いのも嬉しいですね。

博多弁炸裂!「ぱん屋ぺったん」のメニュー表にも注目

出典:nikosaki

博多を楽しむポイントとして、是非チェックしていただきたいのがコチラ、「ぱん屋のぺったん」のメニュー表です! メニューのひとつひとつに書いてあるパンの説明が博多弁なので読んでみるのも面白くて、博多気分を味わえます。

ユニークなパンが勢揃い!「ぱん屋のぺったん」のおすすめメニュー

出典:nikosaki

左から時計回りに、「しゃもじ」、「おじさん」、「はりねずみ」。 見た目の可愛らしさと、ユニークな名前に思わず笑ってしまうのが「ぱん屋のぺったん」の魅力の一つ! 「しゃもじ」には、甘さ控えめのしっとりかぼちゃ餡。 「おじさん」には、甘く歯応えの良いクルミがごろごろ。 「はりねずみ」は、優しい味のメロンパン。 どれも見た目の可愛さに負けず、とっても美味しくて飽きの来ない味です!

ゆるーい感じがかわいい!「ぱん屋ぺったん」の「ちょこのぱん」

出典:nikosaki

こちらは、中にアーモンドチョコが入った「ちょこのぱん」。 香ばしいアーモンドと甘いチョコレートのバランスが良く、パン生地とも合っていてとっても美味しいです! 「博多にわかめん」をつけて踊っているような表情が「ぱん屋のぺったん」らしく、ゆるい可愛らしさですね。

見た目のインパクト大!食べるのがもったいない「ぱん屋のぺったん」の「妖怪」?!

出典:nikosaki

「ぱん屋のぺったん」で見つけたら買わずにいられないインパクトの「妖怪」。 またもやユニークな名前のパンですね! ふわふわパン生地の中にねっとり濃厚な胡麻餡が入っており、目や舌の部分は和菓子の練り切りで作られています。 やや甘めで、甘いパンがお好きな方にぴったりな美味しさ! あまりの可愛らしさに思わず写真を撮りたくなりますね。

チョコ好きな方にオススメ!「ぱん屋のぺったん」の「濃厚チョコレートケーキ」

出典:nikosaki

猫の形が可愛らしい「濃厚チョコレートケーキ」。 外側はサクッと、中はずっしり濃厚なチョコレートケーキです! そのまま食べても美味しいのはもちろん、冷蔵庫で冷やしてひんやりとした美味しさもオススメ。 形が可愛いので、ちょっとした手土産にもぴったりです!

見て楽しい、食べて美味しい「ぱん屋のぺったん」。是非ご賞味あれ!

出典:nikosaki

いかがだったでしょうか?今回は、福岡市博多区にある「ぱん屋のぺったん」をご紹介しました。ユニークで可愛い見た目と美味しさで、何度もリピートしたくなるお店です!博多の良さが詰まった「ぱん屋のぺったん」。地元の方も観光客の方も、是非ご賞味ください!

施設名:ぱん屋のぺったん
住所:福岡県福岡市博多区冷泉町5-2
営業時間:7:00~売れ切れ次第終了
定休日:不定休 営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
アクセス:祇園駅から徒歩3分 祇園駅から221m

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる