「足と心臓を結ぶ血管の働き」について専門医がアドバイス【六本松 足と心臓血管クリニック】

足と心臓。一見つながりがないように思えますが、血管の病気は足の不調から分かることもあるそうです。全身をめぐる血管の健康について、六本松 足と心臓血管クリニックの竹内一馬先生にうかがいました。

出典:西日本新聞
目次

【循環器専門医】六本松 足と心臓血管クリニック 竹内一馬先生

出典:西日本新聞

 京都府出身。福岡大学医学部卒業。同医学部心臓血管外科講師、那珂川病院血管外科部長などを経て2018年「六本松 足と心臓血管クリニック」を開業。NPO法人「足もと健康サポートねっと」 代表。健康は足元から、をモットーとした質の高い診療とケアが評判。

年齢とともに衰える血管。心臓から足先まで、全身を巡る血液が健康を支えます。

脳梗塞、心筋梗塞… 血管が詰まり重篤な疾患が

 人間の全身にくまなく流れている血液を運ぶ道である血管は、生命を健やかに維持するために欠かせない器官です。この血管に老廃物が詰まるなど、なんらかのダメージが起こることでさまざまな疾患を引き起こします。  例えば、脳の血管が詰まれば「脳梗塞」、心臓の血管に異常が起これば「心筋梗塞」、足にできた血栓が肺に運ばれて詰まる疾患は「エコノミークラス症候群」と呼ばれています。どれもよく耳にし、後遺症の心配だけでなく命の危険もある病気ばかりで、いかに血管を健康に保つことが重要であると分かるのではないでしょうか。  血管は年齢とともに硬くもろくなります。古い輪ゴムを思い浮かべると分かりやすいかもしれません。血管の劣化の原因は加齢だけではなく、喫煙や肥満、高血圧や糖尿病、脂質異常症、さらに遺伝性なども考えられます。

血液が全身を巡るためには足の筋肉が必要不可欠

 その血管を通じ、血液を全身に送るのが心臓です。心臓の機能は「ポンプ」として動脈へ送り出すことです。つまり、足先まで行った血液が静脈に乗って心臓に戻ってくるまでは足の筋力が必要です。血液は勝手にぐるぐる全身を巡っているわけではありません。  足を動かさないと血液は滞り、むくみから血栓症まで引き起こしてしまうのです。だからこそ「足は第二の心臓」であり、密接な関係を持つ足と心臓を同時に診られる当院のような診療スタイルが必要だと考えています。  足の冷えやむくみ、歩くと足が痛むなどの違和感があれば、そこから何か隠れている疾患が見つかるかもしれません。血管年齢を計測し、生活指導を行い、症状によって内服薬などの処方で解決することも。気になったら早めに診察を受けてみましょう。

出典:西日本新聞

六本松 足と心臓血管クリニック

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる