【東京油そば専門店 鰐】が福岡・親不孝にオープン!その実力とは?

ここ数日、福岡のグルメインスタグラマーさんが次々とUPしていた油そばの写真。店名を見ると【東京油そば専門店 鰐(わに)】とのこと。「ほうほう、東京の油そば屋さんが福岡に殴り込んで来たわけですな…」と思って検索してみると、なんと福岡のトリゼンダイニングさんが経営されているみたいですね!意外!!早速行ってきましたよ~。

目次

店舗は、親不孝通り「スシロー」の前あたり

お店は、親不孝通り入ってすぐの「スシロー」の斜め前あたりにあります。 通り沿いなのですが、ビルの中なのでちょっと分かりにくいかもです。(看板が出ているので大丈夫と思いますが)

出典:unag2000

オープンして間もないということもあり、お花が飾られていました。 「この度は、オープン、おめでとうございます!」

入り口にある食券機でオーダー

こちらが【東京油そば専門店 鰐】のメニュー。

出典:unag2000

・油そば ・辛油そば の2種ですが…、サイズが豊富! なるほどなるほど、チャレンジ系の取り組みができるお店なのですね。 文字が小さくて見えないと思いますので、気になるところを大きくしてみました。

出典:unag2000
出典:unag2000

並盛×8のアメリカ盛と、並盛×10のイリエ盛が同じ料金ですと!? であれば、絶対イリエ盛にした方が良いですよね! 並盛×10のイリエ盛で1.6キロですか… そう考えると、有吉ゼミで2~3キロでギブアップしている芸能人の方って、実はすごいんですね~。 基本少食のわたしですのでもちろんそんなチャレンジは眼中になく、「油そば」の普通盛か1.5倍の大盛かで悩んでいたところ…本日オープニングキャンペーンで普通盛でも大盛でもワンコインということで、しっかり大盛をオーダーしました!(キャンペーンということで、本日は食券機は使いませんでした)

座席は感染症対策バッチリ!

出典:unag2000

座席は、2人掛けのテーブル席が1つありましたが、それ以外はカウンターです。 1席ずつ仕切りがあり感染症対策はバッチリ!安心です。 各席に、玉ねぎ・お酢・ラー油・コショーが配備。

出典:unag2000

席からトッピングをオーダーすることもできますよ。

出典:unag2000

油そばを待っていると、店員さんがスタンプカードを持ってきてくれました。 ポイントカードは、8回訪問で「ダブルまでを1杯無料+鰐Tシャツプレゼント」とのこと。 鰐T欲しい!

そして「油そば」がやってきた

出典:unag2000

待つこと5分ぐらいでしょうか。 「油そば 大盛」がやってきました。 期待を裏切らないオーソドックスなビジュアルです。

出典:unag2000
出典:unag2000

この指南書通りに食べたいと思います。 とんかつを食べに行って「最初のひと口は塩で食べて…」みたいなことを言われるのはあまり好きではないのですが、こういうルールはきっちり守るタイプです。 お酢とラー油をかけまして、まぜまぜまぜまぜ。

出典:unag2000

指南書に書かれていた「サラサラ」を期待して、玉ねぎを追加し、さらにまぜまぜ。

出典:unag2000

しっかりと混ざりました。

出典:unag2000

麺は中太のちぢれ麺です。 早速、いただきます。 ほほーーー、なるほど。そういうことですね。 指南書に、 「『鰐』の油そばは、スープがない分、通常のラーメンよりカロリーも低く、塩分も少な目です。『油』と聞くとこってりしているイメージがありますが、私達が作る王道の油そばは、通常のラーメンに使用されている油は使用しておらず、胃もたれしにくい特別な油を調合しているため、早朝でも深夜でも何時でもお腹いっぱい食べられます。」 と書いてありましたが、まさにそれ。 「油そば」ですが、お酢の酸味もあいまってさっぱりしていて超ウマイ! 確かに「こってり」はしていません。 そして、クセが少なく絶妙の旨味が出ているタレがめちゃくちゃイイですね。クセになる一杯だと思います。 食べ進む合間合間に、お酢・ラー油を追加して味変しながら楽しみます。 大盛でしたがあっという間に完食!わたしにはちょうど良い量でしたが、ヤングの方々はぜひ「イリエ盛」にチャレンジしてみてくださいね。

出典:unag2000

こちらは連れが食べた「辛油そば」。 温玉も入っていて、「油そば」とはまた全然違う美味しさなんでしょう!次はこちらを食べてみます。

東京油そば専門店 鰐(わに)  親不孝通り店

福岡市中央区天神3丁目4-15 TEL/092-739-3100 営業時間/11:00~23:00 ※営業時間が変更になる場合あり

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる