「まさか予約が…?」親族20人が集まる食事会の初幹事で起きた事件

 年始に親族が集まり、外食するのが一族の恒例行事です。年に1度の貴重な機会に、昨年は私が幹事を任されました。好きなお店を予約していいよと言われ、和洋食が食べられるバイキングの店を予約。ところが当日、年始早々の大失態をおかしてしまったのです。

出典:iStock.com South_agency
目次

めったに会わない親族が全員そろう貴重な機会に初幹事

 年始の恒例行事である、親族の食事会。全員で20人いるのですが予定が合わず、毎年全員がそろうことはめったにありません。しかし昨年は数年振りに、誰一人欠けることなく参加できることに。久しぶりに会う親族もいて、会う前から楽しみでした。  食事会の幹事は、毎年私の両親がやっていたのですが、今回は私が幹事の大役を任されました。「好きなお店を予約したらいいよ」と言ってくれたので、インターネットで情報収集することに。さっそく20人で食事ができる、おしゃれなブッフェ店を見つけました。口コミ評価も高かったので、早々に予約。あとは当日を待つのみです。  そして、待ちに待った食事会の日がやってきました。待ち合わせはブッフェ店のロビーです。予約時間前に足を運ぶと、すでに到着した親族も。「〇〇ちゃん、大きくなったね!」「元気そうで」と久しぶりに顔を合わせる楽しさを、身に染みて感じていました。  20人も集まると、とてもにぎやかです。つい話に花が咲いてしまいますが、幹事という大仕事を忘れてはなりません。私だけ店の受付へ足早に向かいました。そして店員さんに予約していることを伝えると、思いもよらぬ事態が起こったのでした。  「ええっと…いつ予約されましたか?」とリストを確認する店員さん。  「約2カ月前に予約したと思うのですが」と私が言うと、店員さんは首をかしげながらリストを眺めています。不穏な空気が流れます。まさか予約が取れていない? 全身の毛穴からドッと冷や汗が出てくるようでした。

出典:iStock.com_jure

予約が取れていない! 冷や汗をかきながらのお店探し

 どうやら店側のミスで、予約が取れていなかったようです。しかもその時店は満席で、今すぐに食事するのは不可能な状況でした。  ああ…やってしまった。きちんと予約が取れているかどうか、最終の電話を入れればよかった、そして、予約日や電話を受けた人の名前も控えておくべきだったと悔やみました。  店が予約できていなかったことを伝えると、親族たちは「そういうこともあるよ、どこか探してみよう」と、温かく受け入れてくれました。本当に申し訳ないことをしてしまい、私は年始早々、面目ありません。  一方、私の父は店員さんに腹を立ててしまい「二度と予約しませんから!」と暴言を吐く始末です。そんな状況を見て、私は余計に右往左往してしまいました。  とにかく今から食事ができそうなお店を探さなくちゃ! そこで頼りになったのは夫でした。お店をスマホで検索し、すでに片っ端から電話をかけてくれていたのです。当日に20人も利用できるお店なんて、そうそうないだろう…。しかし5軒目の電話で奇跡的に、これから食事ができる和食屋さんを見つけることができたのです。夫には感謝しかありません。  こうしてなんとか無事に親族で食事会をすることができました。今回の大失態で、予約をしたからといって、安心してはならないと思いました。特に大人数での食事会だとなおさらです。前もって確認する大切さを学びました。 (ファンファン福岡公式ライター/かしむ)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる