祖母が語った不思議な話・その肆拾参(43)「山の声」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。

イラスト:チョコ太郎

 「霧島で大きな鹿に出遭ったよ」
 旅行から帰った私は、祖母にお土産のかるかんを渡しながら写真を見せた。
 「立派な鹿だね。これを見てひとつお話を思い出したよ」
 お土産をほどきながら祖母が語り始めた。

出典:チョコ太郎

……………………………………………………

 祖母が5歳の夏、村からそう遠くない所で山津波が起こった。
 炭焼き小屋の辺りだったので、ずっと籠っている炭焼きのK太郎さんも巻き込まれただろうと皆が悲しんでいた。

 「あぁひどい目にあった!」
 その翌日、全身傷だらけでボロボロになったK太郎さんが村に現れた。
 てっきり死んだものと思っていた皆が驚いていると、何があったかを話しだした。

出典:チョコ太郎

 「いつも通り炭を焼いていたら、外から名前を呼ばれたような気がしたんだ。小屋を出てみたが誰もいない。で、戻るとまた呼ばれる。3回目に出ると5、6間先(10数m)に大きな白い鹿がいて、こっちを見ていたんだ」

 差し出された茶をゴクリと飲むとK太郎さんは話を続けた。
 「あんまり立派な鹿だったので見とれていると歩き出したから思わず後を追ったよ。鹿は逃げるでもなくゆっくりゆっくり、時々こちらを振り返りながら歩いて行く。なんだか夢でも見ているようなふわふわした心持ちで付いて行ったら突然足を踏み外し、気がついたら崖の下でご覧の通りさ」

 「あんた運がいいよ!」
 村長の言葉にK太郎さんはきょとんとしていた。
 山津波の事も自分が奇跡的に助かったのだという事も知らなかったのだ。

出典:チョコ太郎

……………………………………………………

 「その鹿は山の神だってもっぱらの噂だったね。でもなぜK太郎さんを助けたのかは誰にも分からないままだったよ」
 語り終えた祖母は、かるかんをほおばった。

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」  私が小さい頃、明治生まれの祖母は、ちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつ紹介していきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が十歳の夏、...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その拾壱(じゅういち)「髪」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  「これは私のおじ...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その弐拾玖(にじゅうく)「座敷の鬼」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が四歳の冬、...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる