予期せず第3子を妊娠!? 5歳児の胸キュン発言とは

 赤ちゃんは授かりもの。男の子でも女の子でもかわいいものですが、妊活中のなど人は希望の性別があるかもしれませんね。  最近は、希望の性別の子を授かりやすくするゼリーやサプリメント、産み分けカレンダーなど、科学的な根拠がありそうなものから眉唾ものまで、さまざまな産み分け方法があるようです。そんな赤ちゃんの性別にまつわる、かわいらしいエピソードをご紹介します。

出典:kohei_hara

 私は38歳にして第三子を授かりました。すでにわが家には、7歳の娘と5歳の息子がいて、子育ても一段落したと思った矢先のこと。想定外の事態に、夫婦そろって戸惑っていたのですが、授かってしまったのなら選択肢は一つ。こうなったら、ありがたい気持ちで元気な子を産もうと腹もすわり、子どもたちに「赤ちゃんがやってくるよ」と伝えました。  娘は「女の子がいい! 弟くんみたいなのがもう一人増えたら大変だもん!」と言い、息子は「絶対に男の子! 一緒に戦いごっこをするんだ! おもちゃも貸してあげるよ」と言います。  実は第二子を妊娠する前、男の子を育ててみたいと思い、産婦人科で相談をして産み分けのゼリーとサプリメントを購入したことがあります。その効果があったのかは分かりませんが、希望通りの男の子を授かりました。けれど実際生まれてみると、男の子のなんと手のかかることか。  いや、男の子とくくってはいけないかもしれません。世の中には、手のかからない男の子もいるかもしれませんが、息子はとにかく、すぐに生死に関わるようなやんちゃをするので、ひとときも目を離せずに苦労をしました(つい最近も、ガラスのコップをかみ割りました)。  もし、本当に第三子を希望して妊活していたなら、また産み分けにチャレンジして育てやすい女の子を希望していたことでしょう。しかし、今回の妊娠は予想外のこと。もはや赤ちゃんの性別は選べないので、自然な流れに任せようと諦めていたのですが、男の子を希望する息子と同じく、実はもう一人、男の子を切望する人がいました。  それは、娘のお友達のAちゃん。5歳の彼女は、一人っ子ということもあって、わが家の娘を姉のように慕ってくれています。そんなAちゃんとわが子を遊ばせているとき、Aちゃんのママに「実は、いま妊娠しているんだ」と打ち明けたところ、そばで話を聞いていたAちゃんがショックを受けたようにこう言ったのです。

出典:iStock.com JGalione

「え…赤ちゃん来るの? 赤ちゃん、男の子がいいなあ。もし女の子だったら本当の妹になっちゃうんでしょ。妹は、私だけがいいんだもん!」と涙ぐむではないですか。  キューン!! なんてかわいい!!   自分だけが妹分だと思っていたのに、その立場が脅かされそうだと、不安になっているAちゃんの様子が、いじらしくて仕方ないのでした。  その日の夜、Aちゃんのママから連絡がありました。  「さっきお風呂に入ったら、Aが私の腹肉を指さしながら、『ねぇママ、これはただのお肉だよね? ママのおなかの中には、赤ちゃんいないよね?』って言うのよ。しかも『私が小学生になる頃までに赤ちゃんがおなかにこなければ、私は一人っ子で確定だよね? これから妹や弟がやってきて、ママやパパの愛情を取られることもないよね?』って確認してくるのよ。前から妹や弟はいらないって言ってたのは、本気だったのねえ」  私はAちゃんのかわいらしい独占欲がほほ笑ましくて頬がゆるみ、Aちゃんのママは「Aを不安にさせないためにも、この腹肉をなんとかせねば」とダイエットを決意したそうです。  そしてこのほほ笑ましいエピソードを聞いてから1カ月たった頃。おなかの子の性別がエコーで判明しました。おそらく男の子。娘に伝えると「赤ちゃん、男の子なのかあ。せめて優しくて、賢くて、下品じゃない男の子がいいな」と言い、その横で息子は、白目をむきながら変顔で踊るのでした。  娘よ…そんな男の子は、めったにいないと思います(苦笑)。  ちなみにAちゃんにも「赤ちゃん、男の子みたいだよ」と伝えると、ホッとした顔をして、隣に座る娘に向かって「妹は、私だけでいいんだもんね~」とニコニコ笑うのでした。 ファンファン福岡公式ライター

「男の子ママになる」ことを受け入れられず…そんな私を変えた義母の言葉

3歳の息子に胎内記憶を聞いたらビックリ!生前記憶を語り出した!

胎内記憶って本当にあるんだ!息子が語った生まれたときのこと

出産祝いママ用プチギフトおすすめ14選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる