授業参観中、教室に響いた「このばか娘〜!」叫んだのは誰?

 子どもは、親を見ています。親のしぐさや口癖をまねて、周囲を笑わせたり、親を赤面させたりすることもしばしば。数年前の子どもの授業参観で、面白い事件に遭遇しました。 授業中に響き渡った「このばか娘~!」という声。一体、誰が発したものだったのでしょう。

目次

月に1度の授業参観

出典:iStock.com recep-bg

 娘は当時、小学1年生でした。学校では毎月1回授業参観があり、その日も娘の普段の様子を見ようと私は学校へ足を運びました。1学期は緊張した面持ちで黒板に向かっていた子どもたちも、学校生活に慣れてきたのか、ずいぶんとリラックスしている様子。授業中でも、隣の子とこっそりおしゃべりをして、クラス全体がざわざわとしています。

 娘もキョロキョロとして、後ろにいる親の中に私や旦那の姿を見つけて、うれしそうに手を振ってきました。小学生でも高学年になると、友人の前で親に甘えるのは恥ずかしいのか、
 「参観日に来ないで!」と言うこともあるそうですが、まだまだかわいい低学年。親を見つけて、パッと笑顔になる姿はかわいいのですが、授業中なので
 「ちゃんと前を向いて、先生の話を聞きなさい!」とジェスチャーで指示しました。

 そんなざわざわと落ち着かない教室の中で、ひときわ目立っていたのが、娘の後ろの席に座っていた女の子と男の子でした。教科書を指さし、なにか小声で言い合ってはクスクスと笑っています。盛り上がってきたのか、その子たちの声がだんだんと大きくなり、そろそろ先生が雷を落とすぞ… と思っていたら、意外な場所から声が上がったのです。

 「こらああ! このばかむちゅめぇーーー! ちぇんちぇーの話をききなちゃーーい!(こらー! このばか娘! 先生の話を聞きなさい!)」

意外な声の主は?!

出典:iStock.com Nastia11

 教室中に響き渡る大きな声。つたない言葉で一生懸命叫んでいるのは誰だ、と教室を見回してみると、1人のママの足元から、ぴょこんと顔を出している3歳くらいの女の子です。

 そのママは焦って
 「ちょっ… ちょっと…! やめなさい!」と女の子に言い聞かせていますが、その子は止まらず
 「おしゃべりは、やめなちゃいー!」と注意をしています。

 突然の大きな声に、先生はもちろんクラスの子どもや親御さんたちもポカーンとしたのち、どっと笑い声が上がりました。すると女の子は、馬鹿にされた! と不満に思ったのか、
 「うるちゃーーい! わらわないでーー!!」と、じだんだを踏んで怒っています。

 いよいよ焦ったママは、女の子を抱きかかえ、その子の口を手で軽くふさぎながら
 「授業中にお騒がせして、すみません!」と教室を出て、廊下に避難してしまいました。面白かったので私も後について廊下に出てみると、ママがしゃがんで、女の子にとくとくと言い聞かせていました。

 「ママが、お姉ちゃんのことを『ばか娘!』って叱っていたのが悪いけれど、○○ちゃんがまねするのは違うんだよ。お姉ちゃんを注意するのは、先生やママのお仕事だからね」
 ママに叱られて不満そうに膨れている女の子がかわいくて、つい話しかけてしまいました。

 「授業中におしゃべりしているのを注意してくれるなんて、しっかりした娘さんですね」  するとママは、
 「この子は、なんでも私のまねをするんですよ。私が家で『こらー! このばか娘! 宿題をやりなさい!』と叱っているのが、クラスのみんなにばれちゃいましたね」と恥ずかしそう。子どもの観察力と物まねには、まいってしまいますね。  

 気が付けば、にぎやかだったクラスは静かになって、授業が進んでいるようです。先ほどまで、ほっぺをパンパンに膨らませて怒っていた女の子は、ママのそばから離れて、トコトコと教室の扉のそばへ近づき、中をのぞきこむと
 「ねっ○○ちゃんが怒ったから、みんな静かになったでちょ!」と得意そうな笑みを浮かべるのでした。

(ファンファン福岡一般ライター)

あわせて読みたい
「へぇ」連発! 小学校4年生の今どきの性教育を親も体験  小学校高学年になれば、そろそろ性教育も必要になります。みなさんも受けた記憶があるはず。私が実際に経験した今どきの性教育のお話です。  小学4年生のわが子が、...
あわせて読みたい
小学生の名前の呼び方、時代が変わるとこうも違うもの? 皆さんが小学生の頃、友達同士でどのように名前を呼び合っていましたか? 名字に君付け? ニックネームでしょうか? 私は小学生に上がった息子が友達の名前を呼んでいるのを聞いて、びっくりしました。
あわせて読みたい
まさか小6の息子が?! H動画の閲覧履歴にドギマギ  家のパソコンで調べ物をしていると、時々Hなサイトの広告が入るように。「なんか最近、この手の広告がよく入ってくるな~。子どもが見たら困るな~ 」と、最初はその...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる