祖母が語った不思議な話・その肆拾陸(46)「杣人の話」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。

イラスト:チョコ太郎

 「これは私のお父さんが旅先で一緒になった杣人(そまびと。きこり)から聞いた話だよ」
 祖母はそう言って語り始めた。

出典:チョコ太郎

……………………………………………………

 杣人のNさんは木々の伐採の仕事を受け、H山に入った。
 依頼された範囲はかなり広く、初日は切る予定の木に目印の白い紐を結んで回るだけで終わった。

 月のない夜、山の小屋で寝ていると外からざわざわと草を踏む音がし、妙な気配が伝わってきた。
 窓から覗いたが、暗くてよく見えない。
 カンテラに火を入れ外に出て暗闇に向かって照らすと幾つもの目が光った。

 いたち、狸、狐、山犬、ふくろう…  木々の間から何匹もの獣や鳥がじっとNさんを見ていたが一斉に闇の中へ消えていった。
 あまりに異様な光景に冷水を浴びたような気がしたNさんは、小屋に戻ってからもなかなか寝付けなかった。

出典:チョコ太郎

 とはいえ仕事はやらなけばならない。
 「山ん中じゃあいろんなことがあるもんだ」
 そう気を取り直したNさんは朝早く小屋を出て伐採に向かった。

 「あれ? 印が無いぞ…」
 昨日結んだはずの紐が一本も残っておらず、どの木を切るのかが分からない。

 仕方なくもう一度印を付けるために紐を取りに小屋まで戻ると、入口に奇妙な物が置いてある。
 印に使った紐がそこに山積みにされている。
 どうやったのかは分からないが、紐は真っ赤に染められていた。

 「この山には絶対に手を出してはだめだ」
 それを見た瞬間、全身がそう告げた。

出典:チョコ太郎

 Nさんはそのまま小屋にも入らず山を下り、仕事を断った。
 山の持ち主は理由も聞かずに「そうか」とひと言。

 帰ろうとしていると庭師が近寄って来て小さな声で言った。
 「H山だろ? あんた無事で良かったな。何人も大けがしとるのよ、あそこ」
 
 Nさんは二度とH山に入らなかったそうだ。

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その肆拾漆(47)「杣人の話 その弐」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  「お父さんは杣人...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その伍拾肆(54)「杣人の話 その参」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  前に聞いた杣人(...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その陸拾壱(61)「掛軸」 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎 小学校3年生の夏の夜、...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる