JO1川尻蓮さんにインタビュー! 「ブロッコリーにハマってます」

 グローバル男性アイドルグループとして活躍する「JO1(ジェイオーワン)」が4月28日に3枚目となるニューシングル「CHALLENGER(チャレンジャー)」をリリース。また、2021年冬には初のコンサートツアーの開催も決定しました。それを記念してメンバーの一人で福岡県出身の川尻蓮さんが福岡を訪れました。「JO1」の1周年についての思いやニューシングルについてインタビューしました。

目次

シングルは“未知の世界への挑戦”がテーマ

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

―JO1として活動を始めて3月で1周年が経ちました。自分の中で一番変わったなと思うところは。  3RD SINGLE(サードシングル)の収録時に髪色を暗くしまして…。僕、オーディションの時から今までずっとハイトーンの髪色だったので、ファンの方はもちろん、メンバーにも新鮮だったみたいです。ファーストアルバムまでは「星」がコンセプトだったので、そのイメージに合わせてハイトーンにしていたんですけれど、今回のシングルは「CHALLENGER」ということで、挑戦してみようと。新しい僕を見せてもいいんじゃないかなあって思ったので、周りの人にも相談して、暗くしてみました! 今ちょっと(染めた)色が落ちてきちゃってまた明るくなっちゃってるんですけど(笑)。 ―ではその“挑戦”の3RD SINGLE「CHALLENGER」の中で、一番お気に入りの楽曲とその理由を聞かせてください。  リード曲の「Born To Be Wild(ボーントゥービーワイルド)」がすごく好きです。シングルタイトルの「CHALLENGER」にすごくピッタリだなと思います。今回のシングルは“未知の世界への挑戦”がテーマだったので、期待と不安が混在している中で、それでも目の前のものに挑戦するという気持ちで歌っています。「Born To Be Wild」は、挑戦することを恐れている人に対して、その背中を押してあげられるような応援ソングになっているので、これから何かに挑む人にはぜひぜひ聞いてほしいです!

ライブならではのエネルギー感やグループ感を伝えられれば

―川尻さんはグループのダンスリーダーとして毎回キレのいいダンスを披露しています。先日ミュージックビデオが公開された「Born To Be Wild」のダンスで「ここに注目してほしい!」というポイントはありますか。  タイトルにもある通り、ワイルドにバイクのエンジンをふかすような振り付けがあったり、新たな世界に一歩踏み出すような力強い足踏み、ステップだったりがありますので、そこに注目してほしいです。 ―冬のライブツアーも決定。久しぶりにJAM(ジャム ※JO1のファンの総称)と会える機会ですが、「自分のここを見て」というところはありますか。  僕のというかグループみんなのことになってしまうんですけど、今はオンラインライブやミュージックビデオなど映像で僕らを見るのが主流になっているじゃないですか。映像というものは、カット割りや引き、寄りで画面に動きが出る。それはそれでまた見どころの一つだと思うのですが、ライブは定点で全体を見ますよね。その時に、「映像の方がよかったな」って思われないようにライブならではのエネルギー感やグループ感を伝えられればいいなと思います!

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

鶏ハムとブロッコリーを夜ご飯に食べています

―川尻さんお気に入りのおうち時間の過ごし方を教えてください。  ブロッコリーを食べています。最近ずっとハマって食べていて…健康にもいいし何よりおいしい。鶏ハムとブロッコリーを最近は、夜ご飯によく食べています。おいしくてヘルシーなのでオススメです! たまにはメンバーとご飯を持ち寄って一緒に食べたりもしますよ。僕の得意料理は「タコライス」。これはレシピが頭の中にすでに完璧に入っているので、すぐ作れます! 休みの日はほかに、個人的にボーカルのレッスンとかを入れて「コソ練」をしています(笑)。 ―福岡県出身の川尻さんが、福岡に帰ってきた時に食べたいものはありますか?  やっぱりお母さんのご飯! お気に入りのメニューはハンバーグです。お母さんの手作りのハンバーグはやわらかくてとってもおいしいんです。ぜひ食べてみてください(笑)。

「すごいグイグイくるお兄さんだな…」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

―楽曲の一つにある「伝えられるなら」になぞって、JO1のメンバーに今だからこそもしくは今更だけど伝えたいことはありますか。  じゃあ(與那城)奨くんに…。最初にオーディションで出会った時は、みんなと仲良くしたいっていう気持ちがすごくあったのか、いろんな人にすごい勢いで話しかけていたんですよね(笑)。だからその時は「すごいグイグイくるお兄さんだな…」と思っていました(笑)。今はものすごく優しいお兄さんで一緒によく出掛けたりするんですけど。これ、本人には伝えていないです(笑)。 ―福岡のJAMのみなさんに一言。  まずはここまで読んでいただいて、ありがとうございます! 直接は会えていないけれど、僕たちは日々皆さんからの愛を感じて活動しています。これからも皆さんの見守ってくれる気持ちに応えられるように頑張っていくので、応援よろしくお願いします! 大好きです!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる