テーマ「新生活への不安」【カラダのトリセツ】

 今回のテーマは「新生活への不安」。新型コロナの影響で新様式の生活を余儀なくされ、不安を感じることも多いと思います。そんな不安を、ひとやすみこころのクリニック院長の柳原孝章先生が”カラダのトリセツ”を教えてくれました。

目次

「新生活への不安」どう対処する?

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 新型コロナの影響で新様式の生活を余儀なくされ、不安を感じることも多いと思います。しかし、不安を感じることは人間に備えられた防衛反応の一つで悪いことではありません。  ただ、これが長期間続くと自律神経を見出し、体調不良を引き起こします。自律神経は自分ではコントロールができない部分なので、そうなる前に気持ちを整えることが大切です。  そのためには、 (1)ストレスを誰かに話す(ためこまない) (2)発散方法を作っておく の2つを心掛けてください。  発散の方法として酒やたばこといった嗜好品(しこうひん)を使用する人もいますが、睡眠の質を下げてしまい、かえって自律神経に良い反応を与えないのであまりお勧めしません。  酒類は少量であれば大丈夫です。また、軽い運動や十分な睡眠も大切です。  相談できる人がいると安心ですが、周囲に話しにくいこともありますので、そういう時は気軽に心療内科を受診してください。「このくらいの不安や悩みで…」と思わずに、足を運びましょう。

ひとやすみこころのクリニック

住所:福岡市西区内浜1-1-5 電話:092-894-6530 休診日:水・日曜、祝日

ひとやすみこころのクリニック 公式サイト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる