「祈るように心の居場所探した」22歳のシンガーray.(光)!

 シンガー・ソングライター、ray.(光)(レイ ヒカリ)のファーストデジタルシングル「Breathe -EP-」が4月14日に配信されました。ray.(光)は幼少期をロンドン、学生時代を日本で過ごした22歳のシンガーで、同EPは日本語と英語の2曲入りです。ノンバイナリージェンダー(中立の性別)の繊細な感性で紡ぎ出された楽曲に注目です!

目次

ファーストデジタルシングル「Breathe -EP-」配信スタート

出典:World apart ltd.

 まず印象的なのが透明感のある声。優しく響きながら力強さも感じます。

 耳に残る歌詞がありました。  “静寂が苦しい”  “Just breathe,息も出来ない世界で,to be me答えを探し続ける”  “願うように祈るように心の居場所探した”

 どちらも聴く人の文化に合わせて細心の注意を払って言葉を紡いでいるといいます。日本語の歌詞には作詞家の藤林聖子が参加。曲の世界観を壊さないよう慎重に言葉がのせられています。

 日本語バージョンの曲の冒頭は、淡々と進行するピアノが特徴的です。英語バージョンではソウルやファンクなどのブラック・ミュージックを核に据えつつ、現代的なポップ感を体現した“ネオソウル・ギター”を演奏の主軸に置いています。

出典:World apart ltd.

 ray.(光)は、自身が成長して自我が芽生えるにつれ、ノンバイナリージェンダーだと自覚するようになったといいます。英国や日本では社会的マイノリティーであることに苦悩し、自由の国に憧れて単身渡米、名門音楽大学へ進学しました。けれど夢見た地で目の当たりにしたのは根強い差別。突き付けられた現実を前に、自分のもう一つのアイデンティティーの音楽で訴えていくことはできないかと思い始めたといいます。

 このEPをリリース後、「JPOP、洋楽のどちらのジャンルにも属さない新しい感覚の音楽」と評価されています。歌詞のフレーズにもある“祈るように”響く ray.(光)の「Breathe -EP-」。一度聴いてみては。

 「Breathe」のリリックビデオ(日本版と英語版)が公開されました。  【Lyric Video】Breathe (Original version) / ray.(光)  https://youtu.be/hyFNIL1m3Co

ray.(光)ファーストデジタルシングル「Breathe -EP-」

iTunes Music、mora、オリコンミュージックなどで1曲ずつダウンロード購入可能。 1曲 ¥204(税込み)、2曲 ¥408(税込み) 問い合わせ:World apart ltd.(ワールド アパート) 電話:03-5779-7889

ray.(光)公式ページ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる