夫に育児を任せた結果、オンラインお茶会中に血まみれの息子が乱入!

 コロナや育児に翻弄され、友人と会うこともできない私。夫が子どもたちを連れて外出している間、久々にオンラインでお茶会をできたのですが…。リフレッシュするはずが、阿鼻叫喚の騒動になってしまいました。

目次

オンラインお茶会を計画!

出典:写真AC

 「今度の週末、オンラインお茶会しない?」ある日、友人KからLINEで誘われました。  私とKは、ともに育児中。住んでいる場所も離れているうえ、このコロナ禍です。ここ数年会えずにいました。  「いいね!」と即答したものの、子どもたちがいると騒がしかったり、横からパソコンをいじられたり、とても落ち着いて話せる状態ではありません。  夫に相談したところ、「俺が遊びに連れてくよ。その間、ゆっくり話せば?」と、快く協力を申しでてくれました。  「だけど、あなたひとりで2人を見ていられる?」  「大丈夫だって。任せろ!」  わが家には4歳の息子と1歳の娘がいて、どちらも活発に動きまわる年頃。  夫が保育園の送迎などをすることはあるものの、数時間の外出は初めて。心配はありましたが、休日の午後、子どもたちを連れだしてもらうことにしました。

久々の息抜きは強制終了!

出典:写真AC

 オンラインお茶会当日。話は尽きず、あっという間に3時間が過ぎたころ、玄関から物音がしました。  「あ、夫と子どもが帰ってきたみたい」  友人に成長した子どもたちを見せようと、ノートパソコンの画面を玄関のほうへ向けたのですが、何だか様子が変です。  「どうかした?」私は夫に声をかけました。  「そこで転んで怪我した。お茶会は終わりだ! 終わり!」  夫は憮然とした様子で、泣きじゃくる上の子の靴や服を脱がせています。下の子はその横をすり抜け、土足のまま室内へ…。  慌ててかけ寄ると、息子の顔も服も血まみれになっているではありませんか!

一部始終がオンラインで実況中継されていた

出典:写真AC

 急いで洗面所へ行き、顔や服についた血液を洗い流します。鼻血かと思っていたのですが、どうやら唇と歯茎が切れて出血しているようです。  「歯医者さんに電話して! 早く!」大声で泣いている息子を着替えさせながら、ぼう然と立っている夫に指示。  近所の歯医者さんに電話すると、ありがたいことに、すぐに診てもらえることに。夫は泣き疲れてぐったりしている息子を抱きかかえ、家をとび出していきました。  静かになった室内で、下の子の靴を脱がせながらため息をついた時、友人と通話中のままだったことを思いだしました。  「お騒がせしてごめん!」  「うん…痛そうだったね…。うちの子もこないだ顎を切っちゃったし、目が離せないよね」  先ほどの騒動は一部始終、画面に映しだされていた模様。友人は、呆気にとられていましたが、共感しながらフォローしてくれました。  彼女にとっても息抜きになるはずの時間に、気を遣わせてしまい、申し訳ないやら恥ずかしいやら!  帰ってきた夫に詳しい説明を求めると、「外廊下が昨日の雨で濡れて、滑りやすかったみたいでさ。走って顔面から転んだ」とのこと。  「走ったって…。止めなかったわけ?」  「いや~、俺と競争してたからなあ。悪いことしたな」反省はしているものの、走る子どもを止めるどころか、煽っていたことに愕然!  息子の傷は数日で治りましたが、歯の神経を傷めてしまい、現在も通院中です。  またオンラインお茶会をしたい気持ちはありますが、夫に任せた子どもたちにアクシデントが起きやしないか心配で、落ち着けません。  しばらくは別の方法で息抜きしなきゃなと、思案中です。 (ファンファン福岡公式ライター/桐谷きこり)

オンライン飲み会、子持ちには気苦労も多い? そこで不可欠なのは…

諦めていたピアノ発表会がオンラインで開催に! その様子は?

コロナ禍のオンライン帰省! 親族20名以上で一筋縄ではいかず…

女の子の出産祝いで贈りたいベビー服10選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる