祖母が語った不思議な話・その肆拾捌(48)「近づくもの」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。

イラスト:チョコ太郎

 小学生の頃、地元のA海岸は幽霊が出ると有名だった。
 その話を祖母にすると、思い当たるふしがあるような表情になった。
 「何かあったの?」
 「私じゃなく、あんたのお父さんの話だけどね」
 そう言うと祖母は話しはじめた。

出典:チョコ太郎

……………………………………………………

 ある年の春の終わり、大学生だった父は友人Tと二人でA海岸で三日間くらいキャンプをしようと出かけた。
 自転車であちこち立ち寄りながらで、到着した時にはもう日が傾いていた。
 海水浴にはまだ早い時期だったので他には誰もいなかった。
 砂浜近くの松林にテントを立て、それから薪(たきぎ)を拾いに出かけた。

 小一時間して戻った二人は薪に火を着け、飯盒で米を炊き夕飯を済ませた。
 焚火を囲んで酒を飲みながら話していたが、酒に弱いTがこっくりこっくり舟をこぎ始めたのでテントに入った。

出典:チョコ太郎

 ランタンを消し横になり、うとうとしていると外で足音がした。

 何かがテントの周りをぐるぐると回っている。
 布一枚隔てたところにいる…何だ?
 異様な雰囲気にTを揺すったが、ぐっすりと眠っていて起きる様子がない。
 
 「見てはいけない! 声を立ててもいけない!」
 なぜか強くそう感じた父が祖母の手作りのお守りを握って息を殺していると、1時間くらいで気配は遠ざかっていった。

出典:チョコ太郎

 翌朝Tにこのことを話すと
 「外に出てみれば良かったのに!意外と度胸が無いなぁ」と笑った。
 
 朝食を済ますと海に入った。
 泳いでいるものは誰もいなかった。
 二人とも泳ぎは達者だったが、昨夜あまり眠れなかった父は先に上がるとテントに入り横になった。

 しばらくするとTが戻ってきたが、父を見るなり驚愕の表情を浮かべこう言った。
 「あれはお前じゃなかったのか!潜ると同じタイミングで潜って手招きするし、浮き上がろうとすると脚を掴むし…てっきりお前がからかっているんだと思っていたんだが…」

出典:チョコ太郎

 真っ青になった二人はバタバタとテントを畳むと転がるようにA海岸を離れた。
 家にたどり着くまでずっと何かがついて来ているような気がしたそうだ。

……………………………………………………

 「お父さんは、それからしばらくは海に行かなかったよ。よっぽど怖かったんだろうね」

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その弐拾壱(にじゅういち)「黄八丈の間」  私が小さい頃、明治生まれの祖母はちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  二十歳の夏、私は...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その弐拾弐(にじゅうに)「オシエテ」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。この話は弐拾壱話「黄八丈の間」の前日譚です。△旅館で祖母が遭遇した怪異...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その拾肆(じゅうよん)「海が呼ぶ」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。今回は以前にアップしたその捌(はち)「は...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる