ワインの作り方 【ワイン夜話 Vol.2】

 このコーナーでは、ワインバー・ラタフィア(福岡市中央区)のオーナーソムリエであり、日本ソムリエ協会福岡支部 支部長の吉村智美さんに聞いた、ワインに関する夜話をお届けします。今回のテーマは「ワインの作り方」です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp
目次

大切なのは健全なブドウを使うこと!

出典:fanfunfukuoka.aumo.jp

 ワインは、ブドウが原料の水を使わない醸造酒です。酵母の力でアルコール発酵が始まります。酵母は、ブドウに付いている天然酵母を使う場合と、優秀な酵母を培養した「培養酵母」を使う場合があります。    ブドウの中の糖分が、酵母の力でアルコールと二酸化炭素(泡)に分解され、この二酸化炭素を瓶の中に閉じ込めたのがシャンパーニュです。白ワインは、皮と種を取り除き果汁だけを発酵させ、赤ワインは、皮と種も一緒に発酵させて、発酵後に取り除きます。    赤ワインのタンニン(渋み)は、ブドウの種や皮の部分から来ています。ワイン造りで大切なのは、”健全なブドウ”を使うことです。

出典:fanfunfukuoka.aumo.jp

ソムリエ プロフィール

吉村 智美 ワインバー・ラタフィア オーナーソムリエ 日本ソムリエ協会福岡支部 支部長 アンスティチュ・フランセ九州 ワイン講師

ラタフィア

住所:福岡市中央区薬院2-4-39 1階 電話:092-732-9702 営業時間:19:00~24:00 定休日:火曜日 ※最新の営業状況については、公式サイトなどでご確認ください。

ワインの色はどこから? 【ワイン夜話 Vol.1】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる