昭和7年創業の元銭湯「大學湯」再生プロジェクト!!

国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」から、福岡県のプロジェクトをご紹介します。

目次

昭和7年創業の元銭湯「大學湯」再生プロジェクト!!

出典:一般社団法人DGY

プロジェクトの概要

「大學湯」は、昭和7年に創業した公衆浴場で、戦前戦中戦後を通じ、平成24年の廃業まで80年という歳月を地域住民の交流と憩いの場として地域社会と共に歩んできました。廃業後も建物の存続を願う声を多くお寄せ頂き、個性的な空間として様々な利用をして頂いておりましたが、建物の老朽が深刻化して継続していけるかどうかの岐路に立たされています。 どうぞ改修費用のご支援をよろしくお願い致します!

出典:一般社団法人DGY

プロジェクトを起案するに至った背景

出典:一般社団法人DGY

天井高があり銭湯という特殊な建築物である「大學湯」。 元は昭和初期に建てられた建物、劣化は進行しており、数ヶ所に渡って雨漏りを起こし、構造強度にも影響を及ぼす一部の柱や壁面にも亀裂や劣化が見受けられる状況です。 事前調査の結果、かなりの改修費用がかかることがわかってきましたが、自己資金+融資で足りない分の資金をご支援いただきたくクラウドファンディングをスタートしました。

リターンについて

出典:一般社団法人DGY

「大學湯」のオリジナルグッズやアーティスト銀ソーダ制作の大學湯アートブック・オリジナルグッズ・シリアルナンバー入りの限定作品等をご準備しています。 また、「ハコザキマルシェ(JR箱崎駅前広場にて定期開催のマルシェイベント)」で使える商品券、箱崎のデザイン事務所が手掛けた大學湯Tシャツ、フォトグラファーによる大學湯で撮影会など、箱崎の人や場を感じることのできるリターンもありますのでお楽しみに。

起案者からのメッセージ

築90年余の「大學湯」建物は老朽化が進んでおり、大規模な修繕を施さずこのまま放置すれば、早晩朽ちてしまうでしょう。 今までたくさんの方々がこの「大學湯」を愛し、利用してくださいました。 今度は、この「大學湯」だからこそ生み出せる空間を活用して、箱崎地域の活性と未来のために、そして古き良き昭和の文化遺産を後世に残していくために、建物「大學湯」を再生していく所存です。 なにとぞ宜しくお願いいたします。 事業者・団体名/一般社団法人DGY

プロジェクトページ[CAMPFIRE]

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる