「おおいた暮らしモニターツアー 国東、杵築」を体験しませんか?

 温泉や食など自然の恵み豊かで、移住先として人気の大分県を訪れる「おおいた暮らしモニターツアー」。今回は2月29日(土)~3月1日(日)の1泊2日で国東市と杵築市を巡り、子育て支援施設の見学や移住者との交流、ワークショップなどを体験するツアーの参加者を募集中です。※福岡県在住で大分県への移住に興味がある女性対象。

美しい自然と神秘に包まれた国東市へ

大分県北東部、国東半島のほぼ東半分を占め、美しい海と山々、温暖な気候に恵まれた国東市。神仏習合の原点といわれる「六郷満山文化」など、伝統と神秘に包まれた環境に惹(ひ)かれ、近年はアーティストやクリエーターの移住も増えています。ツアーでは子育て支援施設の見学や両子寺(ふたごじ)への参拝、国東半島だけで生産されている植物「七島藺(しちとうい)」を使ったワークショップも体験できます。市内の農家民宿に宿泊し、温かな交流を楽しみましょう。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

杵築市で開催中の「ひいなめぐり」も楽しめる

 別府湾産のカキやハモ、豊かな大地で育つ米や畜産物、茶、かんきつ類など、山海の幸あふれる杵築市。県外からの交通アクセスも良く、病院や店舗など生活に必要な施設も充実。そんな同市の魅力を、移住者との交流や空き家見学を通して紹介します。今回は「ひいなめぐり」開催中の城下町を散策し、買い物やスイーツも楽しめます。江戸時代の風情漂う杵築の魅力を肌で感じてみませんか? ※「ひいなめぐり」は2月22日(土)~3月22日(日)開催

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

おおいた暮らしモニターツアー 国東、杵築 1泊2日 ※抽選

日程:2月29日(土)~3月1日(日) 参加条件:福岡県在住で大分県への移住に興味がある女性 旅行代金:1人6,000円 食事:朝食1回、昼食2回、夕食1回 定員:15人(最少催行人員5人) 添乗員:同行 〈利用するバス会社またはジャンボタクシー会社〉 福岡伊都バス、JR九州バス、パンダタクシー、西鉄観光バス二日市 申し込み:下記のリンク先から、またはFAX、メールで 1. ツアー名 2. 氏名 3. 年齢 4. 郵便番号、住所 5. 電話番号 6. ツアーに参加しようと思った理由を明記 締め切り:2月17日(月)必着 ※応募多数の場合は抽選 ※このモニターツアーの旅行代金の一部は大分県の補助を受けています。  事前事後のアンケートにご協力ください。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

ツアー概要

〈1日目〉JR博多駅に集合、大分県国東市へ(8:20ごろ出発)→オリエンテーション(市の移住支援制度、子育て環境、先輩移住者の体験談など)→昼食→空き家見学→「むさし日曜こども広場 さんさん」見学→移住者(工芸士)指導によるコースター作り→移住者が経営する飲食店を訪問→農家に宿泊(相部屋) 〈2日目〉杵築市へ(8:00ごろ出発)→両子寺参拝→オリエンテーション→空き家見学→移住者との昼食交流会→空き家見学→杵築城下町散策、酒蔵見学→JR博多駅着(19:10ごろ) 主催:大分県 協力:国東市、杵築市

おおいた暮らしモニターツアー申し込み

旅行企画・実施:西日本新聞旅行(日本旅行業協会正会員 観光庁長官登録旅行業第545号) 住所:福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館14階 電話:092-711-5518 FAX :092-711-1969 Eメール:ryoko@nnpryoko.co.jp 営業:10:00~17:45 土・日曜、祝日休

西日本新聞旅行

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる