2020年GWは太宰府・九博へ!「古代エジプト展」とは?

棺だらけミイラづくし!!2020年4月25日(土)~6月21日(日)、福岡の九州国立博物館にて、オランダのライデン国立古代博物館所蔵の古代エジプト・コレクションから構成された「古代エジプト展」が開催されます。

出典:ARTNE

注目イベント「古代エジプト展」とは

2020年4月、福岡の九州国立博物館を皮切りに全国8会場において、オランダのライデン国立古代博物館所蔵の古代エジプト・コレクションから、人のミイラ5体、動物のミイラ8体や10数点の棺などを含む、約250点で構成された「古代エジプト展」が開催されます。 本展では、ヨーロッパにおける古代エジプトへの関心の高まりがどのようにして現地での調査へ連なっていったかを示し、発見された遺物から古代エジプト人の生活や社会、死生観といったさまざまな文明の側面が紹介されます。さらに、最新の科学技術を通して医学的な知識やミイラ作りの過程、色やかたちに対する人びとの美意識といったこれまでに知られていなかった面を解き明かす、従来のエジプト展とは一線を画した、新たな展覧会です。

世界初!最新の研究成果を公開!

今回、本展に出品されるミイラの中から人間のミイラ3体と動物のミイラ1体を選び、本展のために最新のCTスキャン技術で調査を行いました。その成果を世界初公開します。

圧巻の棺たち!

会場には、12点(5セット10点の棺、覆い2点)の棺が勢ぞろい。まさに棺だらけミイラづくしの展示となります。

ライデン国立博物館とは?

オランダ最古の大学都市ライデンの中心部にあるライデン国立古代博物館は、オランダ王国の初代国王ウィレム1世によって1818年に設立された、200年以上の歴史を誇る博物館です。17世紀前半にライデン大学が所蔵していた遺物を基盤としたエジプト・コレクションは現在約2万5千点にのぼり、ヨーロッパの5大コレクションのひとつとされています。

前売チケット販売中!

福岡展の会期は2020年4月25日(土)~6月21日(日)、チケットは主要プレイガイドにて2020年1月から販売中です。その他の巡回会場の会期・開館時間等の詳細につきましては、展覧会公式サイトにてご案内いたします。展覧会公式サイト https://www.leidenegypt.jp

「古代エジプト展」福岡会場概要はこちら

■名称:特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 「古代エジプト展」 ■会期:2020年4月25日(土)~6月21日(日) ■会場:九州国立博物館 3F特別展示室(福岡県太宰府市石坂4-7-2) ■主催:九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、RKB毎日放送、ライデン国立古代博物館 ■共催:(公財)九州国立博物館振興財団 ■特別協力:太宰府天満宮 ■入場料(税込):一般1,600(1,400)、高大生1,000(800)、小中生600(400) ※( )内は前売および20名以上の団体、満65歳以上の割引料金 ■お問い合わせ:NTTハローダイヤル 050-5542-8600(午前8時~午後10時/年中無休)

施設名:九州国立博物館ミュージアムショップ
住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
営業時間:9:30~17:00 日曜営業
定休日:月曜日(祝日の際は翌火曜日) 営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
アクセス:太宰府駅から649m

2020年GWは「古代エジプト展」へ!

いかがでしたか?2020年4月に太宰府・九州国立博物館で開催される「古代エジプト展」は5連休を含むゴールデンウィークも開催中。子ども連れからオトナまで楽しめること間違いなし。ぜひ足を運んでみてくださいね♪

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる