【ぱんや 紺青】種類が豊富! 地元民に愛されるパン屋さん

 福岡のパン好きの間でも有名な「ぱんや 紺青(こんじょう・福岡市早良区)」は、紅葉八幡宮のすぐ近くにあります。地下鉄藤崎駅からも歩いて行ける距離です。 お店を訪れてみると、地元の人が絶えず訪れる人気店でした!

目次

紺青は紅葉八幡宮のすぐ近く!

出典:mochico2408

紺青は、高取商店街から一本入った静かな住宅街の中にあります。紅葉八幡宮に向かって歩いて行けば、迷うことは無いと思います。高取商店街から向かって、紅葉八幡宮の手前にある白い建物、紺色のドアが目印です!

出典:mochico2408

 店内には、ハード系からソフト系まで幅広い種類のパンが並んでいます。この日は正午過ぎに行ったので、もう売り切れているパンもちらほら…。朝7時半から営業しているお店なので、やはり午前中に行く方がおすすめかもしれません。それでも種類が多くて、どれを買うか悩んでしまいました。

出典:mochico2408

 食パンだけでもこんなに種類があるんです! 手前のフォカッチャも美味しそう。右隣の冷蔵ケースには、フルーツサンドや、いま流行のマリトッツオも並びます。

出典:mochico2408

 店内にはイートインスペースもありました。現在は感染拡大防止のため使えないのですが、通常であれば購入後にその場で焼きたてパンを食べることも可能です。さらに、午前11時まではモーニングメニューを楽しむこともできるそうです。イートインスペースの再開を切に願っています。

出典:mochico2408

 悩んで、今回はハード系、サンド、食パンまで色々購入してしまいました。あまりに美味しそうで、家に帰って即食べました。(笑)

出典:mochico2408

 まずは「ツナメルト」(345円)。ボリュームがあるフォカッチャに、これまたボリューミーが具がサンドされていて大満足なサンドイッチです。  一口かじると、フォカッチャのローズマリーが香ります。具はツナ、玉ねぎ、トマト、リーフ、ナチュラルチーズが入っています。ツナと野菜がよくあいます! ボリュームがありますが、玉ねぎのシャキシャキした歯ごたえ楽しんだり、チーズが良い仕事をしていたりで飽きることなく完食しました♪

出典:mochico2408

 こちらは「山ぶどうとクリームチーズ」356円。ハード系のパンで、中にはドライフルーツやナッツがぎっしり! 中に入っているクリームチーズがまろやかで、最高の組み合わせでした。ワインとも合いそうです♪

出典:mochico2408

 紺青のパンの中でも人気がある、あんぱん! 常時5種類前後が店頭に並んでいるそうですが、人気なだけあって、この日は売り切れ状態。最後に1個だけ残っていた「ごまくるみあんぱん」(220円)を無事にゲットできました!

出典:mochico2408

 中にはこしあんがずっしり入っています。クルミは香ばしくて、カリッとした食感はそのまま楽しめます。餡は甘すぎず、何個でも食べられそうな美味しさです。手土産としてまとめ買いする人も多いそうです♪

出典:mochico2408

 ソフト系パンも食べたかったので、「きなこっぺ」(129円)をチョイス。コッペパンにきなこをまぶしたシンプルなパンで、子どもも喜びそうです。  一口かじると、バターのミルキーな風味を感じます。バターは、高千穂バターを使っているんだそうです。甘めのパンなので、「デザートパンが食べたい、でもクリーム系はちょっと…」という人にもおすすめです♪

出典:mochico2408

 朝食用には「シナモンレーズン食パン」(237円)を。生クリームとミルクを使った生地はしっとりもっちりです。シナモンとレーズン、赤ワインが入っていることで大人の味わいに。    レーズンなのにジューシー(!?)で、粒がしっかりとして美味しかったです。軽くトーストするとまた違った味わいを楽しめました。

出典:mochico2408

 お店には、若い女性から、男性、老夫婦まで色々なお客さんが絶えず訪れていました。色々な種類があるからこそ、毎日食べたくなる紺青のパン。  また近々行きたいと思います!

ぱんや 紺青(こんじょう)

住所:福岡市早良区高取1-26-63 営業時間:7:30~18:00 定休日:月曜日・火曜日  電話:092-982-7511

紺青 公式facebook

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる