野菜たっぷりで健康的! 「長崎ちゃんぽん」を家で作ろう

 4歳、3歳の年子の男の子を育てている、ママ管理栄養士ライターの辻尾麻里奈です。皆さんは「長崎ちゃんぽん」を食べたことがありますか? 有名な外食チェーン店などで提供されており、全国で食べることが出来ますよね。「長崎ちゃんぽん」は、具材がたっぷり入っていて栄養バランスが良いので、管理栄養士的にもおすすめのメニューなんですよ!  今回は長崎の郷土料理、「長崎ちゃんぽん」を自宅で簡単に作れるレシピをご紹介します。簡単に作るコツは材料選びにあります。

目次

「長崎ちゃんぽん」とは?

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

 ちゃんぽんとは、色々なものを混ぜるという意味があるそうで、長崎県の料理店で、ありあわせの具材でお腹がいっぱいになるように作られたのが発祥と言われています。(※由来は諸説あります)  私は関東に住んでいるので、「長崎ちゃんぽんは外で食べるもの」というイメージがありますが、長崎ちゃんぽんは、各家庭の味がある上に、色々な土地でご当地グルメ(郷土料理)化しており、ちゃんぽんを作るための麵やスープなどがスーパーで販売されているんです! 家で食べるのも普通なんですね。  味としては、鶏がらスープと豚骨スープを合わせた白っぽいスープが特徴で、野菜・魚介・肉がたっぷり乗っている麺料理です。

具材たっぷりで管理栄養士的にもおすすめ

 長崎ちゃんぽんは、1品で主食・主菜・副菜(麵・肉魚・野菜)の役割を兼ね備えた、栄養バランスの良いメニューなんです。  普通のラーメンなどでは野菜が足りない事もありますが、長崎ちゃんぽんだと1日に摂取したい野菜の約半分を摂取することが出来ます。栄養バランスの良い献立を意識しても野菜をこれだけ摂取するのは大変なので、普段偏った食事をしているとお悩みの方にはぜひ長崎ちゃんぽんを選択してほしいです。

【材料】1人分

中華麺……1人分 豚小間肉……50g 冷凍えび……30g かまぼこ……30g カット野菜 (もやし・キャベツ・にんじん・しめじなど、野菜炒め用がおすすめ)……150g 冷凍コーン……25g 【調味料】 ごま油……小さじ1 すりおろしにんにく……小さじ1/2 すりおろし生姜……小さじ1/2 水……200cc 牛乳……150cc 鶏がらスープの素……小さじ2 オイスターソース……小さじ1 酒……小さじ1 みりん……小さじ1 醬油……小さじ1

簡単調理にするための、材料用意のポイント!

用意する種類は多いのですが調理を簡単にするコツが、材料選びにあります! (1) 冷凍食品を上手に使おう 今回は冷凍えび、冷凍コーンを使用しています。下処理の手間がなく鍋に入れるだけでOKなので、時短になります。 (2) 調味料は家にあるもので すりおろし生姜、すりおろしにんにくはチューブタイプの物を使用し、すりおろす手間がゼロに! 家になければこの2点は省いてもOKです。 コクを出す為に入れているみりんは砂糖でも代用可能です。その際は小さじ1/3~小さじ半分に減らして下さい。 (3) カット野菜・豚小間肉は包丁いらず かまぼこを使用したので包丁は使ったのですが、野菜炒め用のカット野菜を使えば、料理初心者の人でも具材たっぷりの料理が作れますよ。 (4)家にある食材で代用可能なものを探そう 全て同じに揃えなくても、豚肉小間切れは牛肉小間切れやひき肉で代用してもOKです。 かまぼこも、家にない場合はカニカマでも代用出来ます。

【作り方】

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

1.鍋にごま油・すりおろしにんにく・すりおろし生姜を入れて香りが出るまで炒める。

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

2.鍋に豚肉を入れ、色が変わってきたら、カット野菜・冷凍コーンを入れて炒める。

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

3.水、鶏がらスープの素、オイスターソース、酒、みりん、醬油を入れて3分ほど煮込む。

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

4.冷凍えび、食べやすい大きさに切ったかまぼこ、牛乳を入れて3分煮込む。

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

5.スープの完成です。

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

6.熱湯を用意し、中華麺を茹でる。(ゆで時間は商品記載のゆで時間でOK)

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

7.皿に、湯切りした麺を盛り付ける。

出典:ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈

8.上からスープと具材をのせて盛り付けたら完成です。

おわりに

 今回は長崎の郷土料理、「長崎ちゃんぽん」のレシピをご紹介しました。  外食しても美味しい長崎ちゃんぽんですが、家で作ると、この1品で栄養バランスが良く、献立を考えなくていいメニューです。ぜひ忙しいパパやママ、栄養の偏りが気になる人にぜひ作ってもらいたいです。  肉好きの長男、えび好きな次男も満足なうえ、たっぷりの野菜も食べてくれるので、美味しく嬉しい長崎ちゃんぽん、わが家でも定番メニューになりそうです。ぜひ、お試しくださいね! (ファンファン福岡公式ライター/ママ管理栄養士ライター 辻尾麻里奈)

【九州のレシピ】九州で有名な駅弁「かしわめし弁当」を作ってみよう

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる