連日行列!「NO COFFEE」の姉妹店【ON SUGAR】

 2019年12月19日にオープンしてから、行列が途切れることがない評判のベイクショップを紹介します。福岡市地下鉄薬院大通駅から徒歩約3分、白いタイルの壁に書かれた「ON SUGAR(オンシュガー)」の文字が目印です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ドーナツを中心に焼き菓子をそろえるこのお店がオープン直後から熱烈な支持を受けている理由は、「単にコーヒーを売るのではなく、ライフスタイル・カルチャーを提案する」というコンセプトで熱烈なファンを持つ人気コーヒーショップ「NO COFFEE(ノーコーヒー)」(福岡市中央区)が手掛ける姉妹店だから。口コミで一気に評判が広まったといいます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 「NO COFFEEとこの店は、全く違う世界観で作りました。NOを逆さまにするとON。繋がりを持たせたのはこの店名と、NO COFFEEの店舗デザインを手掛けてくれた14sd(東京)にお願いしたことくらいです」とオーナーの佐藤慎介さんは話します。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 白、黒、グレー、そして木目がバランスよく調和した店内は、まるで洋服のブティックのようです。ロンドンのスタイルをイメージし、ショーケースの中に焼き菓子が並べられています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 店の看板でもあるハワイのふわふわドーナツ「マラサダ」は、佐藤さん自身の好物。「だからといってハワイ風に寄るのではなく、あえてこの都会的なコンセプトの空間でドーナツや焼き菓子を提供するというギャップが、訪れる楽しさを生むのではないでしょうか」と話します。  店の定番商品マラサダドーナツの「プレーン」(税込み352円)は、甘過ぎず男性にも好まれる味わい。ふわふわもちもちの軽い口当たりは、何個でも食べたくなる食感です。  「シナモンシュガー」(363円)や期間限定の「ラズベリージャム」(418円)などもあります。生地には天然酵母を使用、揚げ油はオーガニックオイル、店内のキッチンで毎日手作りされる完全ホームメードスタイルです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 他に「スコーン」(330円)、「キャロットケーキ」(495円)、「ビクトリアケーキ」(550円)などイギリスで愛される伝統菓子をはじめ、クッキーやマドレーヌなど常時22、23種類の焼き菓子が並びます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 いつもオープン前から開店を待つ列ができはじめ、早い時は週末には昼過ぎ、平日は午後3時くらいにはその日の分が売り切れてしまうといいます。  取材時も10人ほどの列ができていました。予約や取り置きはしていないので、お目当ての品を買うには、なるべく午前中に訪れるのがよさそうです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 店の看板キャラクターをかたどった「サトーくんクッキー」(242円)は人気のため、現在は1人2枚までの購入制限があり、ドーナツも週末は1人6個まで。なお、ドーナツを6個買うとかわいいオリジナルボックス(無料)に入れてくれるので、差し入れなどにもいいですね。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 福岡ではこの店でしか扱っていないというイギリスの人気紅茶ブランド「BREW TEA Co」の茶葉や、店オリジナルのシンプルなプレートにマグカップ、Tシャツなどが並ぶこの店は、訪れるだけで「ここだけの特別感」が楽しめます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 オープン直前、スタッフがディスプレーの細部にまでこだわる姿を目にしました。スイーツの味はもちろん、それらを体験する空間作りにも決して手を抜かないお店です。  ※今回の表示価格は全てイートインの価格。テークアウトは異なりますので店頭で確認を

ON SUGAR(オンシュガー)

住所:福岡市中央区薬院1-10-17 弥永ビル1階 電話:092-707-3757 営業:11:00~18:00 月曜休 ※祝日の場合は火曜休 インスタグラム @onsugar_official

ON SUGAR

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる