福岡の書店員さん、君の推薦する本が読みたい【第33回福岡キミスイ本】

 福岡の書店員さんに、福岡ゆかりの本を紹介してもらうファンファン福岡の「福岡キミスイ本」シリーズ。第33回は、昨年9月にリニューアルオープンした「TSUTAYA BOOK STORE 福岡空港」の内田千裕さんを訪ねました。そのほか、この時期に読みたい9冊を紹介します。

目次

福岡県出身・乙一の全16ページ書き下ろし短編ミステリー

「東京」 乙一著 

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

―こんにちは! 内田さん、今日はどんな本でしょうか。  福岡県出身の作家・乙一さんの「東京」(2016年9月、文鳥社発行)です。乙一さんは私が中学生の頃から好きな作家で、少しでも応援になったらいいなという思いで、作品が出るといつも買っています。

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

―驚く薄さの本ですね。初めて見ました。  文鳥文庫は見た目が面白いですよね。どれも長くて16ページしかなく、蛇腹の1枚紙に印刷されています。ほかに江戸川乱歩、村上春樹などの作品もあります。 ―どんな内容ですか。  ある日、急に妊娠した女性の話です。心当たりがないままでしたが、上京した東京の大学をやめて出産し、子ども「晴都」と穏やかな生活を送っていきます。そのうち晴都の周りで不思議な出来事が起き始め…。幼い晴都は「だいじょうぶ、もう、わるいことは、起きないよ」と言っていなくなってしまうんです。

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

―優しい言葉ですね。  このせりふは私の“お守り”のような存在になっていて、大事な仕事の前などに思い出すと安心できます。乙一さんの作品は切なかったり、苦しくなったりする場面もあるんですけど、全てどこか温かいです。

―ミステリーですか。  謎解きではありませんが、ミステリーのジャンルだと思います。読んだ後はちょっとぼうぜんとしました。主人公と晴都は運命の出会い。“運命の人”は恋愛を思いがちですが、性別も年齢も実は関係ないと気付きました。

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

―どんな人にすすめたいですか。  値段がお手頃で、普段本を読まない人も手に取りやすい本だと思います。難しくなく、映像が浮かびやすい文章です。手帳に収まる薄さで、私も手帳に挟んでいます。  実は最後まで迷った1冊があって。乙一さんが読者のボツ原稿をリメークして生まれた異色の短編集「箱庭図書館」(集英社)です! こちらもぜひ。

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

―乙一さんの世界観に触れてみたくなりました。ありがとうございました。  続けて話題の9冊を紹介します。

「つながり続ける こども食堂」【中央公論新社】

湯浅誠/著 1,760円(税込み)

出典:中央公論新社

 コロナ禍にも負けず、全国に増え続けるこども食堂。そこは「無縁社会」から人々を救う“器”になりうる、と本書。生きづらさを和らげ、孤立と孤独を防ぐ可能性を秘めた「こども食堂」の現在を追う、渾身(こんしん)のルポルタージュ。“「みんな」を包み込める居場所がここにある”。

「私たちの真実」【光文社】

カマラ・ハリス/著 藤田美菜子・安藤貴子/訳 2,200円(税込み)

出典:光文社

 女性初のアメリカ副大統領カマラ・ハリス。初の自伝である本書では、女手一つで育てられた子ども時代のエピソードから、カリフォルニア州司法長官、米国史上初の上院議員時代の実績、趣味や友人関係、恋愛まで赤裸々につづります。徹底的に弱者に寄り添う新時代のリーダーの素顔をさらけ出した話題作。

「にごり酢」だけの免疫生活【青春出版社】

前橋健二/著 1,100円(税込み)

出典:青春出版社

 健康効果が高いと、たびたびブームになってきた「酢」。しかし近年、より一層健康効果が高いと注目なのが「にごり酢」です。にごり酢には、普通の酢では摂(と)れない「酢酸菌」が多く含まれており、アレルギーの改善といった免疫機能を整える働きがある、と本書。酢酸菌の持つ健康効果や「にごり酢」を使ったレシピなど、日常生活の中で免疫力をアップさせるというヒントを紹介します。

「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」【学研】

山田暢彦/著 2,530円(税込み)

出典:学研

 大人気の中学参考書「『ひとつひとつわかりやすく』中1~中3」の3冊を1冊にまとめ、高校生、学生、大人用として再構成。大人向けの情報も新たに追加され、中学英文法を本当の超基礎から学び直したい高校生以上におすすめ。全英文が収録された音読CD2枚付き。

「未来のドリル コロナが見せた日本の弱点」【講談社】

河合 雅司/著・文  968円(税込み)

出典:講談社

 累計90万部超「未来の年表」シリーズ第4弾! 少子化はコロナ禍で18年も早まった!と本書。われわれは、ただ傍観し嘆いてはいられません。日本の病巣である「社会の老化」を、コロナ禍があぶり出した「人口減少ドリル」で易しく学びましょう、と呼びかけます。

「俺、つしま BOOK」【小学館】

おぷうのきょうだい/編 1,320円(税込み)

出典:小学館

 シリーズ累計発行部数48万部突破の大人気リアル猫漫画「俺、つしま」がついにアニメ化され、7月2日放送開始! アニメ化記念特別編集の本書には、描き下ろし漫画「ネギつーさん誕生秘話」ほか、今まで明かされなかった秘話やウンチクが満載! 単行本未収録の漫画も14本収録。読めば「つしま」がもっと好きになるファンブックです。

フィニッシュライン【潮出版社】

椙本孝思/著 935円(税込み)

出典:潮出版社

 東京五輪の開催が近づいてきた7月。警視庁オリ・パラ特別警備本部に配属された足利義松は、札幌を視察中に爆発事件に遭遇します。現場には「東京五輪ヲ中止セヨ 開催スレバ国立競技場ヲ爆破スル」との犯行声明が。その後、各地の会場で爆発事件が相次ぎます。足利は犯人を突きとめ、無事に五輪を開催させることができるのでしょうか!?

「無垢の傷痕 本所署〈白と黒〉の事件簿」【双葉社】

麻見和史/著 660円

出典:双葉社

 本所署刑事課の黒星達成。刑事にあるまじき名ゆえに超ネガティブな彼が組むのは、元看護師という経歴をもつ白石雪乃巡査長。艶やかな黒髪に白い肌、おっとりした外見とは裏腹に前職で培われた観察力から、事件現場に遺(のこ)された「傷痕」を決して見逃しません。東京の下町を舞台に、異色のコンビが活躍する“本格”警察ミステリー。

「新・全訳 須恵村-日本の村」【農文協】

ジョン・F・エンブリー/著、田中一彦/訳 4,950円(税込み)

出典:農文協

 太平洋戦争開戦の5年前、熊本県須恵村(現あさぎり町)覚井集落に居を構え約1年間、村を調査したアメリカ人社会人類学者が、協同活動「かったり」、任期制の世話人「主どうり」など自治の仕組み、家族や教育、生活史、宗教、葬祭など戦前農村を克明に記録。元西日本新聞記者による完訳で全容を現す幻の名著。

 夏の夜に読んでみたい1冊が見つかりましたか? 次回もお楽しみに!

福岡の書店員さん、君の推薦する本が読みたい【第32回福岡キミスイ本】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる