“ふわふわ”かき氷が人気! 製氷会社が運営する【おいしい氷屋】

 1946年の創業以来、氷作りにこだわる九州製氷が2017年に開業した「おいしい氷屋 天神南店」。店舗は渡辺通りに面したビルの1階にあります。シーズンの8月にもなると、ふわふわのかき氷を求めて、80〜120組待ちの日もあるという人気店です。“ふわふわ”の秘密を聞いてきました。

目次

秘密は「透明度99.9%の氷を温度0度まで緩めて削る」

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

 かき氷に使うのは九州製氷がつくる「博多純氷」。不純物や空気を抜きながら、72時間かけてゆっくり固めた氷です。家庭用の氷は急速に冷やすため白くなるのだそう。博多純氷は透明度がほぼ99.9%。不純物が除かれた純氷は透き通っていて、きれいでした。

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

 冷凍庫から出してすぐの氷はシャーベット状なので削ったときにふわふわ感が出にくかったり、あの独特の頭に“キーン”とする現象が起きやすくなったりするそうです。

 「冷凍庫から出したばかりの氷は表面が白い状態です。温度を0度まで“緩め”、透明になってから削ることがふわふわにするポイントなんです」と九州製氷の石割憲一さんは話します。

スプーンを差し入れた時の感触に感動!

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ふわふわ食感の理由は、氷の温度管理以外にもあります。スタッフは氷を削る練習をし、氷に当てる刃の角度、削った氷の盛り方など、研究を重ねています。刃の状態を鋭利に保つため、200~300杯作った時点で新しい刃に交換するする徹底ぶりです。

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

 こだわりの氷と削り方から生み出されるかき氷は、スプーンをひと差しした時の感触が秀逸! ふわっふわでさらっさら。口溶けも滑らかです。  メニューは定番と期間限定があります。圧倒的な1番人気は定番の「あまおうイチゴミルク」(850円、税込み)。ベースとなる底部分にマスカルポーネクリームが入っているのが特徴です。福岡県産あまおうのイチゴソースも底と表面にぜいたくに使われています。

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

 2番人気は期間限定の「マンゴーマスカルポーネ」(950円)です。マンゴーソースとマスカルポーネの相性が抜群! 底の方にはバニラアイスクリームと台湾産マンゴーの果肉がふんだんに入っていて最後まで楽しめます。  ほかにも期間限定のチョコミント(900円)や抹茶マスカルポーネ(同)、定番の八女抹茶(850円)ミルクぜんざい(同)、おいしいきなこ(同)などのメニューが並びます。

他社とのコラボ企画も展開!

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

 スタッフの新千亜里さんは「店舗のスタッフもメニュー開発に関わり、旬のフルーツを使うなど定期的に新しい商品を提案しています」。これまで開発したメニューは約50種類以上だそう。

 昨年からは大名ソフトクリーム博多店(福岡市博多区)や石蔵酒造(同)など他社とのコラボ企画も実施しています。今後のメニュー展開にも注目です!

出典:http://fanfunfukuoka.aumo.jp

おいしい氷屋 天神南店

住所:福岡市中央区渡辺通 5-14-12 南天神ビル1階 電話:092-732-7002 営業:11:00-19:00(L.O.18:30)月曜休(祝日の場合翌日) インスタグラム@oishiikoori

おいしい氷屋 天神南店

夏のスイーツ プチ特集 【2021年最新版】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる