遂に解禁! 「都ホテル 博多」初のビアホールに行ってきました

 何カ月もご無沙汰している外食&生ビール。福岡県の緊急事態宣言が解除され、「冷え冷えの生ビールが飲みたい!」の思いがますます強くなってきたとき、「都ホテル 博多」(福岡市博多区)が7月12日(月)からビアホールを始めるというビッグニュースが飛び込んできました。快適なホテルラウンジがビアホールになるなんてすてき! プレオープンを体験してきました。

目次

その名は「スパイシー&エスニック」ビアホール

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 2019年の開業以降、「都ホテル 博多」が初めて企画するというビアホールの名は「『スパイシー&エスニック』ビアホール」。刺激的な香りが漂ってきそうなネーミングです。  会場は、3階のCAFÉ EMPATHY(カフェ エンパシー)。ホテルのラウンジだけあって、ラグジュアリーな雰囲気。天井が高く、開放感もあります。  入り口で検温、手の消毒を済ませ、さあ中へ!

まん丸プレートがかわいい! 1人分ずつの提供で安心

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 料理は1人分ずつ、木のプレートに盛り付けた形で提供されました。まん丸のプレートに彩りも鮮やかな9品。その美しさにテンションが上がります。かわいい!  ビュッフェスタイルだと人との接触が気になりますが、これなら安心です。

90分フリードリンク、最初はやっぱり生ビール!

出典:都ホテル 博多

 飲み物は90分フリードリンク。ハイボール、サワー、ワインやカクテルと種類豊富ですが、もちろん最初は生ビールを注文です。  料理のプレートが届いた後、間もなく生ビールが到着し(お久しぶりです!)、カンパ~イ!  ゴクリ、ゴクリと喉で味わい、「ああ遂にこの日が」としみじみ“再会”の喜びを感じました。美しいグラスと適温で提供される生ビールって最高においしいですよね。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

プレートは春巻き、ヤムウンセン、ガイヤーンなどタイ料理が中心

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 喉を潤し、落ち着いたところで、再び料理に注目します。ガイヤーン(焼き鳥)やヤムウンセン、タイ風さつまあげのトートマンプラーなど、タイ料理が中心のよう。スパイシーなメニューで生ビールにぴったり。

辛いのが大好きな人だけでなく、苦手でも満足できる

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 まずは葉っぱのアミューズ「ミェンカム」から。  大葉にくるっと巻いて一口で。香ばしくシャクシャクした複雑な食感と大葉の爽やかな香りのハーモニーが素晴らしい~!

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 「海老(えび)の生春巻」にはチリソースをたらり。ソースは甘辛とピリ辛の2種類あり、辛いのが苦手な人も、大好きな人も満足できます。  生春巻き以外の料理にも、ちょいちょい使って刺激を足すのも◎です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 「ヤムウンセン」は春雨のサラダ。酸味がきりっとしていて、ビールとの相性は抜群です。  そしてプレートの真ん中でひと際、かわいらしいのは「彩りサラダ」です。エディブルフラワーのあしらいもそうですが、ホテルの料理って、ちょっとしたところのセンスのよさに心くすぐられ、心地よく食事を進められますね。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

ちょっとずついろいろ食べる楽しさ。ボリュームもしっかり

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 これ何だっけ? とメニューを確認しながら、ちょっとずついろいろ食べるって、楽しいし、料理もしっかり味わえるような気がします。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ムーカイバロー(豚の角煮)は、ボリュームあり。付け合わせの卵の半熟具合も絶妙です。  そして最後はタピオカがトッピングされた「マンゴープリン」。とろりと甘酸っぱくて、お酒を飲みながらでも食べやすいちょこっとサイズです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ワンプレートでおなかいっぱいになるのか、正直、最初はちょっと不安でしたが、そんな心配は無用。いい感じに満腹になりました。  程よく上品にスパイシーなので、香辛料が苦手な人も子どもも、おいしくいただけるのでは。

オプションで「ガパオライス」「ビリヤニ」も

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 有料オプションで「ガパオライス」「ビリヤニ」も注文できました。締めに「米」が欲しい人はぜひ。ガパオライスはバジルの香りがフレッシュ!

前日までの予約特典で「カクテルアイス」のプレゼントも

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 前日までに予約した人にプレゼントされる「カクテルアイス」もいただきました。  梅酒とサングリアの2種類あり、サングリアをセレクト。ちょっと溶けかけたころが抜群においしかったので、半分溶けるまで待つことを強くおすすめします。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

「スパイシー&エスニックプレート」+「フリードリンク(90分)」 <スパイシー&エスニックプレート>海老の生春巻、ミェンカム(葉っぱのアミューズ)、ヤムウンセン(春雨サラダ)、トートマンプラー(さつま揚げ)、豚と海老の春巻、ガイヤーン(焼き鳥)、ムーカイバロー(豚の角煮)、彩りサラダ、マンゴープリン <フリードリンク(90分)>生ビール、ハイボール、サワー(レモン、シークワーサー、巨峰)、グラスワイン(赤、白)、スパークリングワイン、カクテル(ブルー・ジントニック、パッション・ソルティドッグ、ヨーグルト・オレンジ)、ソフトドリンク(ジンジャーエール、グレープフルーツジュース、ウーロン茶、オレンジジュース、アイスコーヒー)

都ホテル 博多「スパイシー&エスニック」ビアホール

日時:7月12日(月)~8月31日(火)17:30~21:00<L.O.20:30> ※平日のみ開催 場所:都ホテル 博多3階CAFÉ EMPATHY(福岡市博多区博多駅東2-1-1) 料金:大人1人4,000円、小学生未満2,000円(税・サービス料込み) 予約・問い合わせ:都ホテル 博多CAFÉ EMPATHY 電話:092-441-3143 インターネットからの予約は下記サイトから

都ホテル博多 予約ページ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる