腸活で花粉症対策を【Dr.りわのエン女医!マイライフ】

 この時期つらいのが花粉症。今や、日本人の4人に1人はスギ花粉症といわれます。花粉症とは花粉に対するアレルギー症状のことで、アレルギーというのは、そもそも免疫の暴走。この免疫と腸内環境は強い関係があると最近分かってきています。腸内環境を整える腸活で免疫を正常化させ、花粉症に立ち向かいましょう。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があって、善玉菌は栄養吸収を良くしたり、免疫を活性化したり、便の排出を良くしたり、栄養素を作り出したりします。  対して悪玉菌は有害物質を作り出し、腸の活動を邪魔したり、疲労感・倦怠感を生んだりします。栄養の吸収も悪くなるし、便秘や下痢の原因にもなります。  腸活のポイントは、善玉菌を増やすことと悪玉菌を増やさないことです。 ◆善玉菌を増やすには◆  みそや納豆、キムチなどの発酵食品を毎日継続して食べる。善玉菌が育つためのエサとなる食物繊維(野菜や海藻、キノコなど)を食べる。 ◆悪玉菌を増やさないためには◆  悪玉菌の好物である糖質(小麦粉・白米・砂糖など)を食べない。適度な運動と睡眠を心掛ける。  腸は、「ウンチをつくるのが仕事の臓器」ではありません。腸内細菌が、腸に集結する免疫細胞と不思議な会話を交わしながら、「全身の免疫を司る」という重要な役割があったのです。  花粉症の皆さん、ぜひ今日から腸活を!  Enjoy ! Healthy bowel life !

出典:https://www.photo-ac.com/

武田りわ

福岡市城南区梅林にある「タケダビューティークリニック」院長。 お酒と旅と家族をこよなく愛する皮膚科医・美容皮膚科医。 美容医療と漢方、オーソモレキュラー医学(栄養療法)を取り入れた統合治療に注力。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる