劇団四季「キャッツ」が7年ぶり福岡へ! 初日レポ【福岡公演1】

 7月27日(火)、劇団四季ミュージカル「キャッツ」福岡公演が、キャナルシティ劇場(福岡市博多区)で開幕しました。福岡での公演は7年ぶり、4度目の上演です。大きな拍手とともにスタートした初日公演の様子をお届けします。

目次

名作ミュージカル「キャッツ」の世界を体感

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーが詩人T.S.エリオット(ともに英国)の詩集をミュージカルにした「キャッツ」。ミュージカル作品の金字塔であり、劇団四季では38年にわたって上演を続けている劇団を代表するロングラン演目です。さらに福岡では2014年以来4度目の上演とあって、この地のファンも数えきれません。  案の定、今回の福岡公演の開幕初日、劇場入口には開場時間前から公演を待ちわびる人々の姿が。家族連れの姿も多く、注目度の高さがうかがえます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 「キャッツ」の舞台は都会のゴミ捨て場。劇場に入ると、そこに広がるのは猫の世界です。舞台上はもちろん客席の隅々まで、猫の目線に合わせて作られた大きさ(実物の約3~5倍)のゴミのオブジェが飾られています。その数はなんと2,000〜2,500個にものぼります。舞台と客席が一体化した、独特の世界観を体感できるのも「キャッツ」の特徴です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 今回の福岡公演には、福岡ソフトバンクホークスの帽子やお菓子の通りもん、めんべいなど、24種類34点の「ご当地ゴミ」も設置されています。早めに来場して、どんな面白いゴミがあるか探してみるのも楽しいひととき。ゴミの中には、見つけたらハッピーになれるかも? という四つ葉のクローバーが隠されています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

24匹の猫が繰り広げる不思議な世界

出典:劇団四季 撮影/山之上雅信

 物語は、年に1度開かれるジェリクル舞踏会に集まった24匹の猫たちが繰り広げます。この舞踏会では、長老猫によって再生を許される「特別な猫=ジェリクルキャッツ」が選ばれます。個性あふれる猫たちが、新しい命を求め、夜を徹して歌い踊ります。  かわいかったり、かっこよかったり、見た目もさまざまな24匹の猫。きっとお気に入りの1匹に出会えるはずです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

キャナルシティ博多には「キャッツ」がいっぱい!

 劇場があるキャナルシティ博多の館内には、あちらこちらに「キャッツ」のフラッグやポスターが飾られ、公演を盛り上げています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 公演前後に立ち寄りたいのは、館内2カ所で開催されている衣装・小道具展。俳優が実際に着用する衣装やゴミのオブジェがパネルとともに飾られていて、“本物”のディテールを間近で眺めることができます。猫の個性を表現した猫柄は、すべて手描きといいます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 劇中ナンバーを使用した迫力満点の噴水ショー「ダンシングウォーター」も必見。CMなどでお馴染みの「キャッツ」のオープニング曲「オーヴァーチュア」の曲に合わせ、まるで水が踊っているかのような華麗なショーが展開されます。開催時間はキャナルシティ博多のホームページで確認を。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

劇団四季ミュージカル「キャッツ」福岡公演

公演日:7月27日(火)〜ロングラン上演 場所:キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1) バリュー料金:S席9,900円、A席8,250円、B席6,050円、C席2,750円 レギュラー料金:S席11,000円、A席8,800円、B席6,600円、C席3,300円 ピーク料金:S席12,100円、A席9,350円、B席7,150円、C席3,850円 ※全て税込み価格、子ども料金設定あり ※公演当日3歳以上有料(膝上観劇不可)、2歳以下の入場不可 ※託児サービス有り(有料) 問い合わせ:劇団四季 電話:0570-008-110(ナビダイヤル)

劇団四季「キャッツ」

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる