豪快! 自家製めんたいこの明太丼【はかた天乃 KITTE博多店】

 「はかた天乃 KITTE博多店」(福岡市博多区)では、新鮮な魚介をふんだんに使った日本料理がカジュアルに楽しめます。著名人もこぞって通う、博多区店屋町に店を構える割烹(かっぽう)「はかた天乃」の姉妹店です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 定食や一品料理をそろえていて、JR博多駅周辺で働くビジネスマンのランチや仕事帰りのちょい飲み、朝7時半からは「朝定食」も提供しているので、福岡グルメを気軽に味わいたい県外からの出張族にも重宝されている店です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 そんな「はかた天乃」で大人気のパワメシは、福岡名物のめんたいこを一本、どどーんと大胆にのせた「明太(めんたい)丼」(税込み1,840円)。  実はコレ、2018年9月にKITTE博多で開かれた「九州グルメフェア」の限定メニューとして考案されたのですが、味はもちろん、見た目のインパクトも手伝ってSNSで話題に。県外からの旅行客が多い週末は、特に注文が殺到するなど、あまりの人気に定番に仲間入りしたメニューなのです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 白ご飯の上に、たっぷりの錦糸玉子を敷き詰め、主役のめんたいこ一本を豪快にのせます。さらに、ちりめん、ゴマ、大葉、パリパリの食感が食欲をそそる韓国のりをトッピング。  めんたいこは、はかた天乃の自家製でピリッとした辛さを保ちながら、フルーティーな深い味わいが特徴です。お酒のアテにも合いそうな辛さで、粒もしっかりしていてご飯が進みます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 錦糸玉子は、めんたいこの辛さを引き立てるために少し甘めに味付け。素材の味をそのまま味わった後は、特製のだししょうゆをたらしても◎。味の違いを楽しんでみてください。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 ご飯は少し残して、最後は、いりことかつおで取った特製だしをかけてお茶漬けに。めんたいことだしの味わいが相まって、これまたおいしい!  「だしも好評で、湯のみでスープとして飲まれる方もいますよ」と料理長の天野辰二郎さん。ご飯の量はたっぷりですが、サラサラと最後まで飽きずにおいしくいただけます。日替わりの小鉢とサラダも付いて食べ応え抜群です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 午前10時から午後5時と遅めのランチにも対応するランチ時間帯は、ほかにも定食や丼が種類豊富にそろっています。  仕入れによって内容が変わる刺し身盛りと茶わん蒸しなどをセットにした「刺身定食」(1,480円)、ふっくらと焼き上げた「銀ダラ味噌定食」(1,470円)、「塩シャケ定食」(1,170円)、「さばミリン定食」(1,130円)、「アジフライ定食」(1,130円)、「サーモンフライ定食」(1,100円)、「海鮮丼」(1,400円)、特製「オヤジのカレー」(850円)など充実したラインアップです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 夜は定食のほか、「刺身盛り合わせ」(1,320円~)や「鯛のアラ炊き」(1,078円)、「博多がめ煮」(528円)、「薩摩牛ステーキ」(1,980円~)、「だし巻きたまご」(715円)など、“仕事帰りにちょっと一杯”できる一品料理もそろっています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 福岡県産の日本酒「田中六五」「庭のうぐいす」「博多の森」なども準備。ぜひ一緒に味わってみてください。

はかた天乃 KITTE博多店

住所:福岡市博多区博多駅中央街9-1 KITTE博多 地下1階 電話:092-260-6366 営業:7:30~23:00(L.O.22:20、食事はL.O.22:00) 店休日はKITTE博多の休館日に準じる

施設名:はかた天乃 KITTE 博多店
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1 KITTE博多 B1F
営業時間:7:30~23:00(L.O.22:20※食事は22:00)※最新情報は公式HPにてご確認ください。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる