高級食パン専門店 銀座「に志かわ」福岡県にオープン! 試食会リポ

 “水にこだわる高級食パン”として、東京で評判の「銀座 に志かわ」(本店:東京都中央区)が2月16日、福岡県に2店舗同時オープンしました。高級食パンブームの中で現れた新たな食パン専門店に期待大! ということで、試食会へ行ってきました。

 2018年9月に東京・銀座でオープンした食パン専門店「銀座に志かわ」。1年4カ月で国内に48店舗を展開し、さらに拡大を目指しているといいます。

 九州では大分市につぐ2カ所目の出店で、福岡市中央区に「福岡薬院店」と「大丸福岡天神店」が同時にオープンしました。

 同店の食パンの特徴は何といっても“水”。独自開発したアルカリイオン水を使用しているそうで、この成分に合わせて材料も厳選されています。  カナダ産の高級小麦粉にバターや練乳、生クリーム、ハチミツを合わせて、ほんのり甘い食パンに仕上げています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 アルカリイオン水はph値が高いため、イースト菌の活性につながりにくく、パンがうまく膨らまないという特性があり、今まではパンの製造に不向きと言われてきました。  しかし一方では、食材のうま味を引き出すことに優れているともされ、はちみつや生クリーム、練乳などのうまみ成分を引き出すために、なんとかできないかと試行錯誤を繰り返したといいます。  そして出来上がったのが、「水にこだわる高級食パン」(864円)。販売しているのはこの1種類だけで「まずはそのまま、何も付けずトーストしてないものを食べてみてください」と代表の高橋仁志さん。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 手でちぎっていただきます。しっとりとした手触りの生地は、口に運ぶと絹を思わせるような滑らかさ!  口の中でほどけるように一瞬でなくなってしまいます。耳の部分もやわらかいけれど弾力があり、かむとふんわりとした甘味が感じられます。

 時間経過によっておいしさが変わり、「1日目は焼きたての香りと食材のうま味を、2日目はしっとりとしてました甘味を、3日目はトーストして外はカリカリ、中はよりしっとりモチモチで、全く別の味わいを楽しんでください」と高橋さん話します。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 そのままで十分においしい食パンですが、「和食の総菜と合わせてもおいしいですよ」と言われ、きんぴらごぼうや柚子(ゆず)ごしょう、いかの塩辛やめんたいこと合わせて食べてみました。

 ご飯の甘味とよく似た自然な甘さだからなのか、本当によくマッチします。個人的に気に入ったのは、きんぴらごぼう。モチモチの食感とゴボウのシャキシャキ食感がくせになる~。  お酒との相性もいいそうで、日本酒や果実系のカクテル、軽めの赤ワインやスパークリングワインと合うそうです。「おつまみにも食事にもなる食パンです」と高橋さん。

 トーストされた食パンも試食しました。カリッとした表面は甘味が増している気がします。中は生で食べた時よりももっちり感じるのが不思議。高橋さんは「日本人好みのもっちり感を追求しています」と言います。  冷凍するときは、1枚ずつスライスして冷凍し、食べる時に焼き直すとおいしさそのままに味わえるそうです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 お土産としてもらってもうれしいし、自分のごほうび「パン」にもいい食パン。大丸 福岡天神店では、すでに連日行列ができています。福岡薬院店では予約も可能なので、確実に手に入れたい人は予約もしくは開店に合わせて訪れてみて。

銀座に志かわ

福岡薬院店 住所:福岡市中央区渡辺通2-7-35 シエル薬院1階 電話:092-734-2410 営業:10:00~18:00(売り切れ次第終了) 大丸福岡天神店 住所:福岡市中央区天神1-4-1 本館地下2階 電話:092-712-8181(大丸福岡天神店 代表) 営業:10:00~20:00(売り切れ次第終了)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる