【らぁ麺 なお人】新感覚!「高級のどぐろ らぁ麺」は衝撃の味!

福岡のラーメンと言えば、豚骨!が定番ですが、最近は『非豚骨系』も注目です(^^)         福岡市市営地下鉄七隈線・天神南駅から徒歩で約5分ほどの場所にある、「らぁ麺なお人」さんに伺いました。

出典:ひろやん

伺った日は「なお麺」と「白トリュフ香る鶏白湯麺」のタレの仕様が普段と違うようです。 通常は塩ダレだそうですが、今回は醤油ダレ。いづれも気になります。 麺はわざわざ遠方から取り寄せているようで、入店前から期待が高まります!

出典:ひろやん
出典:ひろやん

「鶏と鴨の醤油らぁ麺」(800円)? 「高級のどぐろらぁ麺」(900円)!? 「白トリュフ香る鶏白湯麺?」(1,000円)!!? 一体、どんな味なんだろう!想像が尽きません。

出典:ひろやん

迷いに迷ったあげく、「のどぐろ」を注文しました! 初めて注文するのでドキドキします(^^)/ 味の詳細は後程書きますが、結論から先に申し上げますと旨いです!!

出典:ひろやん

まずは、スープから頂きました。 初めての味です。サバやトビウオとは違った風味で、なんというか独特のパンチがあります。 ノドグロをローストしているのでしょうか。香ばしさも感じます。 グルタミン酸やイノシン酸の旨みと、醤油ベースの元ダレとのバランスが良いです。 豚骨とは全く違いますが、しっかりコクがあります。

出典:ひろやん

福岡にいくつもの製麺所がありますが、敢えて遠方から麺を取り寄せるというところにこだわりを感じます。 こちら「カネジン製麺所」は全国のラーメン店から注目されていて、 有名店ですと、東京の名店「大勝軒」でも使われている麺です。 提供するラーメンの種類によって麺を変えているそうですが、「のどぐろ」の麺では 全粒粉が練りこんでありました。 博多では細麺が主流ですが、こちらは「少し太い」という印象。 スープが麺に絡み、口に含んだ瞬間、魚介と麦の風味が広がります。 バランスが絶妙です! たぶん、細麺だとスープの主張が強く、逆に太い麺だと麦の味が強く感じるかもしれません。

出典:ひろやん

聞きなれない「ガリシア栗豚」ですが、こちらはスペイン北西部にあるガリシア地方で 名産品の栗を与えて育てた豚の事を指すようで、尚且つ「ガリシア栗豚」として 出荷するために厳選な基準をクリアする必要があるようです。 ジューシーで甘みがあるそうで、希少価値が非常に高いとのこと。 低温で調理がされてあり、一般的なチャーシューと生ハムの中間のような食感。 たしかにジューシー!しかも柔らかい。 最初の1口目はすぐ食べて、2口目はスープに浸し熱を加えることで 食感の違いを楽しみました!

出典:ひろやん

心の中で「うめぇなぁ~!」とぼやきながら、無言で完食! 刻みタマネギとシナチクがアクセントになって、いい仕事をしています。

出典:ひろやん

商品の価格帯から替玉は150円くらいするのかな、と思っていましたが こちらは『博多価格』でした(^^) しかも、替肉付きですのでかなりお得感があります。

出典:ひろやん

一緒に行った同僚は、こちらをオーダー。 ネーミングがスゴイです! しかも『特製』ということもあり、トッピングが豪華。 感想を聞かせてもらうと、 「鶏のスープが濃厚で、まるでポタージュみたい。 麺にスープがめちゃめちゃ絡んで、(麺とスープの)一体感が見事。 白トリュフって食べたことないけど、なんか風味がスゴイ!」 のような事を申しておりまして、 結局、おいしいの?と聞くと 「めっちゃウマい!」との事でした。 1口食べさせてもらいましたが、 「鶏のスープが濃厚で、まるでポタージュ…」 って、全く同じ感想を言いそうになりました。旨いです!

出典:ひろやん
出典:ひろやん

いかがでしたか? 福岡では少ない『非豚骨系』で、好き嫌いがわかれるかもしれませんが 僕はハマる味でした! 一つ一つにこだわりがあり、 スープはまるで高級料亭で出てくる出汁を濃厚にしたような感じでした。 ※僕の勝手なイメージです(^^;) ランチだとちょっと高めの価格ですが、 ちょっとしたご褒美で行かれてみてはどうでしょうか。 僕は自分にご褒美をあげるのが好きなので また行ってみようと思います!

らぁ麺なお人

住所:福岡市中央区渡辺通5-10-28 南天神Yビル1-D 電話:050-5456-7696 営業:12:00~19:00    水曜日休

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる