私が体調を崩すと「俺も…」と具合悪いアピールする夫に試したのは

 「女性と話す時には共感が大切」などといわれますよね。夫は、私が体調を崩すたびに「俺も…」と共感というか同調してきます。ずっと不快に思っていたのですが、あることを試したら、それがなくなったのです! 私がどう解決したのかお話しします。

目次

なぜ具合が悪いと同調するの? 夫の発言に不信感

出典:iStock.com innovatedcaptures

 私は持病があり、時折体調を崩すことがあるのですが、どうしても体を動かせないくらいつらい時は「ごめん。子どものことをお願いしてもいい?」と言って、夫に頼みます。  夫は子どもの面倒を見るものの、ほぼ毎回「俺もちょっと具合悪いんだよね」と言いました。  私が風邪をひいた時は「うつしてしまったのかな?」と心配にもなります。けれど、私が首を変な方向にひねって苦しんでいる時に「俺も何か首痛いかも」と言われると、「いやいや、さっきまで普通にしてたじゃん!」と心の中で叫び、「何で張り合うのかな?」と不思議でした。  「女性との会話では共感が大切」とよく聞くので、「少しズレてる気がするけれど、夫は実践しているのかもしれない」とも考えました。  しかしある日、私が夫の不調を心配すると、とてもうれしそうに見え、「これはむしろ…私に気を遣ってほしいのでは?」と気が付きました。  そこでその日から、私は過剰なほどに夫の体調を心配し、本当に具合が悪いのか確かめることにしたのです。

「“過剰な”心配作戦」で夫は白旗を!

出典:iStock.com tuaindeed

 夫が「風邪をひいたかも…」と言ったら、「それは大変! 熱があるかもしれないよ」とすぐに体温を測りました。  「右腕が痛い…」と言ったら、「右腕のどの辺り? どんなふうに痛いの?」と痛い所を強めに押し、仮病かどうか即座にチェックしました。  仕事を休ませて、病院で徹底的に検査したこともあります。  そして、問題ないことが分かったら「おおかみ少年の話、知ってる?」とひとにらみ。いつもはへらへら笑っている夫も、まるで悪いことをして叱られた子どものように、しょんぼりしました。  この「“過剰な”心配作戦」が功を奏し、最近では、私が「調子が悪い」と言っても「俺も…」と猿芝居を打つことはなくなりました。以前と変わらず、子どもたちの世話もしっかりしてくれます。  もし同じ悩みを抱えている人がいたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか? 少し根気は必要ですが、気持ちが楽になりますよ。 (ファンファン福岡公式ライター/ぼたん)

旦那のこと、そこまで言う?! と思っていたけれど…

旦那の浮気の証拠を確保! 決め手になったのは意外なアレ

亭主関白な旦那が呟いた「ある一言」でスッキリした話

お見舞いにおすすめな果物と果物ギフト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる