おせっかいはほどほどに! 習い事でのママ友トラブル

 私は今までママ友トラブルとは無縁でした。ところが先日、生来のおせっかいが災いして大失敗! 娘の通うダンス教室で、周囲をモヤモヤさせる事態を引き起こしてしまったのです。

目次

衣装発注係に任命された私を待っていたのは?

出典:iStock.com digitalskillet

 娘は、少人数制のダンス教室に通っています。小学生10人ほどのクラスのため、ママ同士もLINEグループを作り、よくおしゃべりをします。  そんな中、ダンスの発表会が決まりました。今回は、全員同じ衣装を着るそうです。  先生が見学に来ていたママたちに、衣装の画像を見せながら「同じような衣装をできるだけ安く買える店を知りませんか?」と聞いたので、私はすぐにネットで検索し、安く売っているショップを見つけました。まとめて買うと送料無料になるので、その場でママたちに「みんなで一緒に買いませんか?」と提案しました。すると、みんな大賛成で、私は衣装発注係に任命されたのです。  その場にいなかったママにも早速LINEを送ろうとしたところ、1人だけグループに入っていないAちゃんママのことを思い出しました。Aちゃんママとは送迎や見学で顔を合わせることがなく、連絡先を交換していなかったのです。安く買えた方がきっと助かるに違いないと考えたおせっかいな私は、次のレッスン日に衣装の詳細と自分の連絡先を書いたメモをAちゃんに渡し、「私がまとめて購入するので、Aちゃんのサイズを教えてほしい」と伝えました。  しかし、しばらく待ってもAちゃんのママから連絡はありませんでした。  先生からもAちゃんに「お話があるから、ママに連絡してと伝えてね」と言っていたので、衣装の発注はもう少し待つことにしました。  さらに数日がたちましたが、連絡はありません。  発表会が近づき発注も待てなくなり、私は仕方なくAちゃん本人から服のサイズを聞き、人数分の衣装を注文。次のレッスン日、子どもたちは届いたその衣装を大喜びで着て、レッスンを受けたのです。  衣装の問題は無事解決! と思ったのですが、それは大きな間違いでした。

おせっかいが原因? お礼のLINEかと思ったら…

出典:iStock.com miya227

 その夜、1通のLINEが届きました。送信者はAちゃんのママ。  「あれ? LINE使えたんだ。衣装のお礼かな?」と思っていたら、メッセージを見てびっくり仰天!  何とそれは…  「親の承諾もなしに、勝手に衣装を買われては困ります!」という、怒りの文面だったのです。  私の頭は大パニック! 衣装についてはメモを渡したし、先生からも何度も連絡するように伝えていたはず。そもそもLINEを送れるなら、なぜ今まで返信がなかったのか疑問です。  けれど、言い返したい気持ちをグッと抑えました。これからの付き合いを考えると下手にもめるのは避けたいと思い、私は大人な対応で「突然のことで驚かせてすみません」と謝りました。  しかし「衣装はすでに購入しているので、これは返品してください」との返信が。  「返品? でも今日Aちゃんはそれを着て踊ったのに?」そんな言葉ものみ込んで、私は了承しました。  「仕方ない、ここは1着分の衣装代2,500円負担して丸く収めよう…」とため息をついた時、「そちらがきちんと連絡してくだされば、こんなことにはならなかったのですからね」とダメ押しのメッセージが届きました。  「連絡してこなかったのはそっちでしょう!」と、私はスマホ画面に思わず叫んでしまいました。  とはいえ、きちんと相手の意向を確認せずに衣装を買ったのは、確かに私の失敗です。私はスマホをきつく握りしめ、これからは決して出過ぎたマネはしないぞと固く心に誓ったのでした。 (ファンファン福岡公式ライター/あいちー)

毎月の月謝は6万円超!子どもの習い事、断捨離はじめます!

理不尽すぎる!怒り狂うモンペを見事に鎮めた男の子の優しい一言

初めてにしてソロデビュー!?いろんな汗をかいた娘のピアノ発表会

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる