親が参加できない卒業式 思いがけない校長先生のあいさつに、涙…

 新型コロナウイルスの余波で、6年生の息子が通う小学校は2020年の3月2日から長期の休みに入りました。卒業式をどうするのかも問題に。結局、息子の小学校では卒業式に保護者は参加できず、先生と生徒だけで実施することになりました。式の当日、こんなことがありました。

目次

せっかくの卒業式に保護者が参加できず、悲しく不満

出典:写真AC

 6年生の長男が通っている小学校では、先生と生徒だけで卒業式を行うことが決まりました。それまでは連日の報道を見て、
 「保護者の参加は1人だけに制限されるかも」
 「クラスごとに入れ替えて卒業証書を授与する学校があるらしいよ」
 「まさか保護者が入れないなんてないよね?」

 など、ママ友LINEでは、そんなやり取りが飛び交っていました。
 わが子の小学校は、この予想の中で最も番望んでいなかった「保護者完全不参加」になったわけです。

 わが家は数年前に上の子の卒業式を体験していました。 卒業証書授与、卒業生が在校生へ贈る感謝の言葉、在校生からは「後は任せてください!」と卒業生を送る言葉とはなむけの合唱。そして、卒業生の最後の合唱。
 息子たちがあの感動的な卒業式を経験できないと思うと、親としてはとっても切ない気持ちになりました。

 ママ友の中には、そんな思いを強くして、不満や怒りを口にする人も。
 「この地域はコロナ出てないんだから卒業式普通にできるでしょ」
 「時間を短くすれば大丈夫なのに。一生に一度なんだから」  
「保護者1人だけでも入れるようにならない?」

 この状況では仕方がないと分かっていても、口に出してしまうのでしょう。

式の当日、予想外の展開にママたちは…

出典:写真AC

 この日、体育館には入れなくてもと、校庭には子どもを見送るママの姿が。校舎と体育館をつなぐ通路が唯一、子どもに拍手を送れる場所です。
 卒業式が始まる時間が近づくと、自然とこの通路の両脇に親が並び始めました。その横を、正装にマスク姿の先生が
 「このたびは卒業おめでとうございます」とあいさつしながら足早に体育館に入って行きました。

 6年生の担任以外の先生も体育館に入り、しばらくして校長先生が現れました。
 校長先生は通路に入る前に姿勢を正して立ち止まり、集まっていた保護者に深々とおじぎをしました。それまでワイワイガヤガヤしていた親も静かになり、校長先生に注目します。
 「ご卒業おめでとうございます。このたびは、このような形になってしまい大変申し訳なく思っております。(中略)職員だけになりますが、今日は精いっぱい子どもたちを祝福し、中学校に向けて背中を押したいと考えております。卒業証書を手にして帰ってくる子どもを、たくさん励ましていただきたいと思います」と優しい声で話すと、再び、深々と長いおじぎをしました。

 通常とは違う卒業式、これでは涙する場面などないだろうと想像していたのですが、
 「あっ、どうしよう…涙出る、やばい」 隣を見ると、ママ友も涙、涙。
 「やだー、涙腺弱くなってるー、歳だねー」なんてみんな照れ笑いしながら。そして、
 「やっぱり、卒業式見たかったねー…」ってまたみんなで涙。

 そんな親の前を通り、マスク姿の子どもは体育館へ入場します。拍手と
 「おめでとう!」の声の中、緊張しながらも背筋を伸ばして立派な姿でした。

 不満を言ったり、切なくなったり、涙が出たり。子どもよりも親の方が、この状況にオタオタしていましたね。 こんな卒業式もまた、家族の歴史の一つになりました。
 
 (ファンファン福岡公式ライター/ymz)

あわせて読みたい
コロナ禍で息子の就活が悲惨なことに! 怒涛の日々そのもの! 大学4年生の息子。昨年春から就活していましたが、世間はコロナ感染拡大の真っただ中! とにかくとんでもない日々を過ごすことになったのは言うまでもありません。息子の激動&激戦の日々を余すことなくお話したいと思います!
あわせて読みたい
コロナ禍の帰省するべき? やめるべき? 傘寿をお祝いしたいけど…  コロナ禍の年末年始、帰省しようかどうしようか、悩んだ私のエピソードを紹介します。この冬、他県に住む私の父は80歳の誕生日を迎えました。子どもたちや孫たちが集...
あわせて読みたい
卒服に〇万円? イマドキの小学生女子の袴事情に戦々恐々  もうすぐ卒業シーズン。私服の学校も多い小学生では、卒業式に何を着るかは大問題! 特に女子たちの卒服(卒業式に着る服)に対する思いは熱いのです…。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる