「石村カリー」に新作! ボリューム満点カレーをテークアウトで

 スパイシーなカレーが気軽にテークアウトできる「石村カリー」(福岡市中央区)は、副菜がたくさん味わえてボリューム満点です! 「洋鉢酒場Soggiorno(ソッジョールノ)」の昼間の顔、カレーを自宅で楽しみませんか。

出典:石村カリー

 福岡市地下鉄薬院大通駅から徒歩約5分。桜坂に近い城南線沿いの「洋鉢酒場Soggiorno(ソッジョールノ)」では、昼間は午後3時まで「石村カリー」として営業しています。  旬の素材を使った個性的なカレーメニューがあり、全てのカレーがテークアウトできます!  定番の「コク深ビーフカレー」(1,000円 )や「あいがけカレー」(1,100円)など、いずれも季節の野菜を使った数々の副菜がトッピングされていて、大満足のボリューム感がうれしい! ※容器代プラス50円  「あいがけカレー」は、日替わりの2種類のカレールーを、ごはん(麦、黒米入り) の上に「あいがけ」する欲張りなカレー。  例えば、ある日は、スパイスとショウガが効いた「生姜(しょうが)と白菜のチキンカリー」に、旬のタケノコのうま味が楽しめる「炙(あぶ)り筍(たけのこ)のキーマカリー」の2種のルーが楽しめて、お得感満点です。

出典:石村カリー

 新作メニューで注目したいのが、「豚ナンコツの肥後もっこすスパイシーカレー」(1,300円)。こがしニンニクが香る自家製マー油が決め手のコクのある味わいで、店長のおすすめだそう。マー油の量は調節可能です。  違う味のカレーを少しずつ楽しみたい人には、ちょいカレー(200円)がぴったり。事前に連絡しておくとスムーズに受け取れるそうです。  カレー以外にオードブルの注文も受け付けてくれます。家飲みなどに気になる人は尋ねてみて!

石村カリー

住所:福岡市中央区警固3-1-3皐月マンション南薬院1階 電話:080-5206-9531 営業:11:30~なくなり次第 不定休

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる