夏場にぴったり! おすすめチーズティー【machi machi】

 台湾に本店を持つチーズティー専門店「machi machi(マチマチ) 福岡パルコ店」が福岡パルコ(福岡市中央区)にオープンしました。現在は同館が臨時休業中ですが、おいしいチーズティーは夏場にもぴったり! 何種類か味わってきたのでリポートします。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 チーズティーとは、お茶やフレーバーティーにチーズクリームをトッピングした新感覚のデザートドリンクです。  「machi machi(マチマチ)」のチーズティーは、台湾で“神のチーズティー”と呼ばれるほどの人気で、1杯ずつ抽出された台湾茶のうま味を、塩味の効いた濃厚なチーズクリーム(チーズキャップ)で閉じ込めています。

 定番商品は「クリームチーズティー」(税別480円~)。チーズクリームは、自社製のクリームチーズと北海道産の生クリーム、牛乳を混ぜ合わせ、絶妙な温度管理でとろとろの食感に保たれています。  少し塩気のある濃厚なクリームで、キャップのチーズ専用飲み口からダイレクトに味わった時の口当たりが抜群です。

出典:福岡パルコ

 飲み方にコツがあり、最初はチーズクリーム専用の飲み口からクリームだけを味わいます。  その後はストローでお茶の層だけを飲んで、茶葉の豊かな香りを楽しみます。最後にチーズクリームとお茶を混ぜ合わせ、コクが加わったお茶を堪能します。  茶葉はすべて台湾産で、ホットの場合は注文が入ってから1杯ずつ抽出するといい、香り高くまろやかな口当たりです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 紅茶がちょっと苦手という人には、ウーロン茶や緑茶のような風味の「シキハルチャ」のチーズティーがおすすめ。ほかにも「ニチゲツタン」の茶葉はクセのない紅茶なので、さっぱりと味わえ、おいしく飲めるはず。  甘さの調節も4段階に分かれていて、「無糖」から「甘め」まで、好みに合わせて調節できます。

 今回、「テッカンノンチーズティー」に「タロイモボール」(100円)をトッピングして飲んでみました。  少し渋みのあるテッカンノンがチーズクリーム効果でまろやかに感じます。タロイモボールは、イモ本来の素朴な甘味が特徴で、白玉のようなモチモチ感が人気だそうです。「タピオカよりも気軽に試せる」と男性にも好評だとか。  ほんのりと甘いドリンクは、ちょっと疲れる午後の休憩にぴったりでした。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 「フレッシュフルーツクリームチーズティー」(680円)は、ジャスミンティーをベースに、福岡県産の生のイチゴやブルーベリーの果肉と氷を合わせフローズンにしたスムージータイプ。ジャスミンティーの爽やかな後口と、果実の甘酸っぱさがマッチし、その香りをチーズクリームが閉じ込めています。暑い夏にごくごく飲みたくなるようなスムージーは、人気がさらに高まりそうですね。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 福岡県限定のメニュー「八女抹茶ミルクパンナコッタ」(680円)は、チーズクリームはのっていないメニューですが、フォトジェニックなボトルに入っていて気になる一品。  茶葉の渋味や苦味が少なくやわらかな甘味の「八女抹茶」と特製のパンナコッタが入っています。  

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 バニラビーンズの香りが効いた濃厚なパンナコッタを、ストローで崩して混ぜ合わせながら味わうことで抹茶ミルクとして味わえます。  氷などが入っていないメニューなので、ちょっとした手土産にテークアウトするのもよさそうですね。

 テークアウトのみの店舗ですが、チーズティーは温度変化に左右されやすい繊細な商品なので、できれば早めに飲みたいですね。  現在は福岡パルコの休業に合わせて臨時休業中ですが、再開したら新商品が登場しているかも! その日を楽しみに待ちたいですね。

machi machi 福岡パルコ店

住所:福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館1階 営業:11:00~20:00 問い合わせ: machi machi 福岡パルコ店 電話:092-235-7157 不定休 ※現在臨時休業中。詳しくは福岡パルコの公式サイト等で確認を

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる