「ママのこといじめるよね」―嫌味な姑を笑顔にした贈り物とは?

 私は姑(しゅうとめ)とは初めからあまり気が合いませんでした。同居でないだけまだよかったものの、会うたびに傷つくことを言われたり、母の日や誕生日にプレゼントを贈っても文句を言われたり。けれど、そんな姑の態度には、私自身にも原因があったのです。

目次

ショック! 私からのプレゼントがゴミ箱に

出典:Rummy & Rummy – stock.adobe.com

 姑との関係が微妙でも、嫁は嫁です。きちんと自分の役割を果たすべく、母の日や誕生日にはいつもちゃんとプレゼントを贈っていました。  何となく喜んでいなさそうだなと感じていましたが、私が贈ったプレゼントがゴミ箱に捨てられているのを偶然目撃してしまった時は、言葉を無くしました。もうプレゼントを贈るのは、やめてしまいたい…。けれど何もしないのも角が立つと思い、その後も心を無にしてひたすら行事をこなしていました。  そんなある日、小学生になった娘が私に「おばあちゃん、いつもママのこといじめるよね」と突然言い出し、私は驚きました。教育上よくないと思いながらも、夫はいつも姑の味方だったので、ようやく味方ができたとほっとしました。  まだ小学生の子どもたちに、思わず愚痴をこぼしそうになったその時です。娘から「おばあちゃんに、クマの縫いぐるみをプレゼントしようよ!」と提案されたのです。

祖母を思いやる娘の言葉が自分を振り返るきっかけに

出典:Murphy44 – stock.adobe.com

 「なぜ、クマの縫いぐるみ?」と聞くと、「おばあちゃんはね、クマさんが好きなの」と娘に言っていたからだそうです。誰だって自分の好きなものをもらえれば、うれしいですよね。私は娘が祖母を思いやる気持ちに、自分がこれまで義務感だけでプレゼントを選んでいたことに気付き、恥ずかしくなりました。  特にお祝いの日が近いわけではありませんでしたが、子どもたちの後押しもあり、その日の午後、子どもたちと一緒に大きなクマの縫いぐるみを買いに行きました。  そして週末、家族みんなで縫いぐるみを届けに行きました。プレゼントのことは秘密にしていたので、姑は驚きながら「わあ、かわいい! それにすごく大きいね!」と大喜びしてくれました。  本当にうれしそうな姑の顔を見て、私は反省しました。これまでは、無難なプレゼントを選び、届けに行くのも面倒に思い、口先だけでお祝いの言葉を言っていたからです。  それ以来、姑のプレゼント選びは、子どもたちと相談して本当に喜んでくれそうな物を探すようになりました。以前よりは、姑との関係は良くなったような気がしています。 (ファンファン福岡公式ライター/牧野ゆか)

【土佐嫁VS薩摩姑】「嫁は、夫実家を立てて当然」。姑が、嫁実家にクレーム電話!

会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!

家がきれいになってる…? 留守中に襲来する恐怖の姑

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる