コロナげんか、コロナ離婚?! 「密」な6人家族の解決策とは?

 新型コロナウイルスの影響で、休校が続いた4人の子どもたち。さらに緊急事態宣言で、親もテレワークに。一気に家の人口密度が高くなり、家の中はハチャメチャ…。感染予防とは別の意味で、家族間にもソーシャルディスタンスを保つ必要があると痛感したのでした。

目次

「密」になった家庭内でイライラがたまり…

出典:Photo AC

 普段は、学校と部活動(クラブ活動)で土日まで忙しくしている4人の子どもたち。昨年、緊急事態宣言が出た時には、全てが休みになり、毎日家で過ごすことになりました。
 普段から家で仕事をしている私に、テレワークになった夫がプラスされて、家の中は「密」な状態でした。

 高校3年生で受験生の長男は、弟妹の騒々しさに我慢ならない様子で、ずっとイライラ。時々、壁を殴りつけて威嚇します。中学2年生の長女は、部活もできず、運動不足のダラダラ生活。友達とも会えずに引きこもり状態。小学5年生の次男と小学3年生の次女は、あり余る元気を家の中で発散(=うるさい)。毎日、きょうだいげんかが絶えません。

 子どもたちが騒いでいると、集中できなくて私の仕事がはかどりませんし、夫がずっといるのも気になります。仕事がはかどらないのは夫も同じようで、うるさい子どもたちを怒鳴りつけることもしばしばです。子どもたちも夫の雰囲気を察してか、私にばかりきょうだいげんかの仲裁を求めました。

 毎日、家族6人分の食事を準備するのもかなりの負担で、私の仕事時間は削られてしまいました。それでも、夫は自分の仕事だけをしてあとは知らんぷり。私を含め、家族みんなのイライラがたまっていくばかりでした。

家の中でもソーシャルディスタンスが必要!

出典:Photo AC

 これではダメだ! 家族とはいえ、距離が近過ぎる!
 家の中でも、お互いの距離を保つ必要があると思いました。そこで、家族会議を開催。それぞれがしたいこと(ゲームやTV)、しなければいけないこと(勉強や仕事)を挙げて、家の中での住み分け、時間分けを決めました。

 一戸建てに住んでいるものの、子どもたち4人は2階の子ども部屋を共同で使っているので、時間分けが必要でした。午前中は下の子3人が、午後は長男が子ども部屋で勉強することにしました。下の子3人は受験勉強の邪魔にならないように、午後は家の外で運動したり、1階でテレビを見たりして過ごします。

 私はいつも通り、午前中は1階のリビングで仕事。午後からは下の子3人の面倒を見ます。夫は終日、2階の寝室にこもって仕事。勝手に部屋には入らないルールも作りました。
 それぞれの時間と場所を確保することで、トラブルは減りました。とはいえ、狭い家の中で何カ月もこの状態を続けるのは無理があるかも…。状況に合わせて、臨機応変にルールを変更していく必要があると感じた体験でした。

 緊急事態の時こそ、さまざまな工夫をしながら、共同生活で他者を思いやる気持ちを育てていきたいと思いました。
(ファンファン福岡公式ライター/おきょうさん)

あわせて読みたい
緊急事態宣言下でホームパーティーはOK? ママ友の誘いに困惑  新型コロナウイルスの影響で、全国的に不要不急の外出自粛が呼びかけられました。ただこの「自粛」という言葉は曖昧で、人によって捉え方が違ったようなのです。これ...
あわせて読みたい
福岡のスーパーで緊急事態宣言中に売り切れたのは?【あるある福岡】  新型コロナウィルスの影響で外出自粛を余儀なくされた期間。福岡県内のスーパーでは、ある物が売り切れていたことが、SNSなどで話題になりました。家にいたら食べたく...
あわせて読みたい
思わず親も爆笑!? オンライン授業でのおもしろエピソード わが子の小学校でも取り入れられている、オンライン授業。始まった当初は、パソコン操作に慣れない子どものために私が横で教えつつこっそり見守っていました。 すると、オンライン授業ならではの爆笑名場面に何度も遭遇して…!? 今回は、その3選をご紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる