今、流行り?のカップ麺を水で作ってみた(海老の濃厚トマトクリーム編)

2、3年前に、災害を想定して警視庁さん等々が「カップ麺は水でもできますよ~」という情報発信をされていたのを思い出し、やってみました。今回は、「日清 カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」で挑戦。

 カップ麺が水でできるのは何となくイメージできるのですが、問題は「何味でやるか」というところ。そこで今回は、「既に冷たい麺料理として定番化している味」から考えてみました。 ・担担麺→冷やし担担麺 ・うどん系→ざるうどんやぶっかけうどん ・そば系→ざるそばやぶっかけそば ・トマト系→パスタ全般  醤油ラーメンも拡大解釈しますと、冷やし中華やざるラーメン、つけ麺等につながるのだと思いますが、ちょっと上級者向けかと思い、今回は見送り。  そして今回選んだのが、こちら「日清 カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」味。最初にしては、攻めました。

出典:unag2000
出典:unag2000

 イメージは、「エビのトマトクリーム冷製パスタ」。とにかくトマト系冷製パスタが大好きな私は、よく夏に家で作っていますので、イメージは完璧です。

出典:unag2000

 まずは、お水を投入。ネットで色々と情報を収集したところ、「味が薄くなりがち」という事前情報がありましたので、気持ちお水を少なくします。

出典:unag2000

 「15分がベスト」、「30分が丁度いい」など色々な情報がありましたが、比較的意見が多かった「30分」でチャレンジします。

出典:unag2000

 15分経ったので一度覗いてみると…  むむ…まだ硬そうですね。粉末スープも馴染んでいなかったので、一度混ぜてみます。  そして、30分経ちました。いかがでしょうか?

出典:unag2000

 見た目はしっかりできてそうです。一口いただきますと… 「できてる!そして味も薄くない!!」  ちゃんとできてます。麺も硬すぎず柔らかすぎずちょうど良いです。が…、硬さ云々ではなく、やっぱりお湯で作ったものと比べると違いがありますね。肝心の「エビのトマトクリーム冷製パスタ」かどうかですが、「全く違う」と言い切って問題ないでしょう。麺が違うとこうも印象が変わるのか、というぐらい違います。ただ別モノとしてアリだと思いますよ。  そして、スープも濃厚で全然美味しくいただけます。「日清 カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」味に関しては、「30分」で良かったみたいです。普通に美味しくいただいて、完食です。 【食べ終わってからのまとめ】 ・水でも「日清 カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」味はできる ・お湯で作ったのと比較すると麺は「硬さ」以外の違いがある ・「お湯」と「お水」、どちらが美味しいか選ばないといけないなら「お湯」 ・「エビのトマトクリーム冷製パスタ」とは似て非なるもの(いや、似てもないかも)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる