祖母が語った不思議な話・その壱「神社」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母は、ちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつ紹介していきます。

イラスト:チョコ太郎

 七月の昼下がり…祖母が四、五歳の頃、祖母は神社の前の地面に棒で絵を描きながら一人遊んでいた。  ふと何かの気配を感じて顔を上げると、目の前に広がる田んぼの遥か向こうの竹薮が風もないのに左から右へ倒れて行く。

出典:チョコ太郎

 「不思議だなぁ…」と思って見ていると、何かがぐるっと祖母を取り囲み、周囲の木々も激しくなびいてきた。  幼かった祖母は、本能的に「これは魔物だ!」と感じたが体が動かない。

出典:チョコ太郎

 「もう駄目だ」と思い目をつぶった時、頭から何かをふわっとかぶせられた。  その刹那、もの凄い速さで何かがそばを駆け抜けて行った。  しばらくして目を開けると祖母は一人、鳥居の内側にしゃがんでいたそうだ。  この話を聞かせてくれた後、目を細めながら祖母はつぶやいた。  「氏神様が守ってくれたんだよ、きっと」。

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その肆拾肆(44)「忌絵」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が十一歳の春...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その陸拾壱(61)「掛軸」 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎 小学校3年生の夏の夜、...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その拾陸(じゅうろく)「姿見」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  「初めて見た時か...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる