【速報】E・ZO FUKUOKAが7月21日にオープン決定!

 福岡ソフトバンクホークス(福岡市中央区)が展開する新施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」が7月21日(火)にオープンすることが発表されました! 日本初の話題店が集うフードホールや絶景アトラクションなど、多彩なコンテンツが集まっているようです。発表の内容をお伝えします。

出典:福岡ソフトバンクホークス

 施設のコンセプトは「Exciting+Entertainment+Zone」=「E・ZO」。「エキサイティングなエンターテインメントを楽しめるゾーン」という気持ちが込められた複合施設です。  7階建ての建物はPayPayドームに隣接し、延べ2万㎡の広さを誇ります。営業時間や利用料金、条件などは後日詳細が発表されるそうですが、6月12日現時点で全フロアのコンテンツが決定しています。

目次

<1階>HKT48が帰ってくる♪「HKT48劇場」

出典:福岡ソフトバンクホークス

 1階は福岡県を中心に全国のメディアで活躍するアイドルグループ「HKT48」の新劇場です。グループが本拠地として利用する、ファン待望の専用劇場が完成しました。オープン日は現在未定ですが、コンサートやイベントを思う存分楽しめる日が来るのが待ち遠しいですね。

<3階>日本初、九州初がいっぱい! 「MLB cafe FUKUOKA」と「THE FOODHALL」

出典:福岡ソフトバンクホークス

 3階はグルメを楽しむフロア。「The FOODHALL(ザ フードホール)」は、テラス席を備えた複数テナントが集うフードホールです。「日本初」、「九州初」、「有名店による新ブランド」にこだわった店選びで、“新しい&おいしい”が堪能できます。

出典:福岡ソフトバンクホークス

<出店店舗> 「TRATTORIA IL LUPINO」  ウルフギャングステーキハウスが手掛けるイタリアンダイニングレストラン。ハワイで人気の同店が日本初出店です。 「WINE BAR IL LUPINO」  ワインやカクテルとともに、隣接するTRATTORIA IL LUPINOの料理も楽しめるワインバー。日本初出店。 「CHATTERBOX EXPRESS」  数々の受賞歴を持つ「チキンライス」が有名なシンガポール料理の名店です。日本初出店。開業日は現在未定です。 「えびそば一幻」  エビのうま味にこだわった「えびそば」専門店。北海道札幌市で大人気の同店が九州初出店。 「焼肉 赤身 にくがとう」  東京都人形町に本店がある焼肉店で、こだわりの赤身肉が特徴。エンタメ性も追求しています。九州初出店。 「京都 天ぷら 花いかだ」  京都市の割烹(かっぽう)・会席料理店「宮川町 水簾」が手掛ける新業態の天ぷら専門店。あつあつの天ぷらが楽しめます。全国初出店です。 「九州 はかた 大吉寿司」  福岡市の「いか活造り発祥 河太郎」「元祖博多前寿司 河庄」が新たにプロデュースする回転すし店です。全国初出店。 「肉山食堂」  PayPayドームにも出店中の「肉山」は、定食がオススメ。ディナーでも味わえるのでお酒を楽しみながら赤身肉を堪能できます。

出典:福岡ソフトバンクホークス

 同じく3階「MLB café FUKUOKA(エムエルビーカフェフクオカ)」は、九州初出店。カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバーとして、食事を楽しみながらスポーツ観戦ができます。  Major League Baseball(MLB)から公認ライセンスを許諾された世界初のレストランで、日本では東京・恵比寿店、東京ドーム店に続き3店舗目。アメリカのスタジアムメニューをイメージした福岡店限定メニューも登場します。

<4階>「王貞治ベースボールミュージアム」が装い新たに

出典:福岡ソフトバンクホークス

 4階は「王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタンD」。  「王貞治ヒストリーゾーン」、「89パーク(やきゅうぱーく)」「STUDIO E・ZO Supported by Sony Business Solusions」の3つに分かれ、「野球人・王貞治」の魅力を存分に知ることができ、野球を「楽しむ」に重点を置いたスポーツミュージアムです。ホークス戦のダイジェスト収録なども行われます。

<5階>チームラボがつくる“森”が出現! 「team Lab Forest」

出典:福岡ソフトバンクホークス

 5階はアート集団「チームラボ」が手掛けるミュージアム。光で作られた「捕まえて集める森」と「運動の森」、2つの“森”が出現します。  「捕まえて集める森」では、スマートフォンを持って館内を探索。さまざまな動物を捕まえて観察し、自分だけのコレクション図鑑を作ります。「運動の森」では、複雑に作られた立体的な空間を探索。個性あふれる世界観に没入できる空間です

<6階>アートやサブカルはここで楽しむ! 「イベントホール」

 「ボス イーゾ フクオカ」では、アートやサブカルチャーに特化したさまざまなイベントを開催予定で、その際に使用されるのが6階イベントホールです。開催されるイベントは随時発表予定だそうです♪

<7階>待望! よしもとの常設劇場

出典:福岡ソフトバンクホークス

 「よしもと福岡新劇場」(仮称)は、お笑い芸人などを数多く輩出する「吉本興業」が展開。「なんばグランド花月」(大阪府)、「ルミネ the よしもと」(東京都)、「祇園花月」(京都府)につぐ規模の劇場だそうで、約500席が予定されています。  よしもとの所属芸人が登場する常設劇場としては全国で16館目で、2020年夏にオープン予定です(未定)。

<6・7階>2フロアにわたって体験「V-World AREA」

出典:福岡ソフトバンクホークス

 「和」の雰囲気に彩られた空間でバーチャルコンテンツが楽しめる「V World AREA(ブイ ワールド エリア)」は、九州初のアトラクションを含む20種類のゲームコンテンツがお目見えします。全身を使って遊べる空間で、友人や家族と思いっきり楽しんで!

<屋上>「絶景3兄弟」は日本初登場を含む絶景アトラクション!

出典:福岡ソフトバンクホークス

 施設の外観でひときわ目につくのが、スライダーを含む3種類の絶景アトラクション。施設屋上には「絶景3兄弟」と名付けられた「すべZO」、「つりZO」、「のぼZO」の入り口が待ち受けています。。

出典:福岡ソフトバンクホークス

「すべZO」は、地上40mの高さから、ビルの壁面に沿って地上まで一気に滑り降りる全長100mのチューブ型のスライダー。 「つりZO」は地上約60mからスタート! 1人乗りのぶら下がり式レールコースターで、全長約300mのコースを駆け抜けます。 「のぼZO」は、屋上に設置されたクライミング&ボルダリングのコンテンツ。クライミングの最高到達点はなんと地上約50m!

出典:福岡ソフトバンクホークス

今後の詳細発表とオープンが楽しみな「ボス イーゾ フクオカ」。待ち遠しいですね!

BOSS E・ZO FUKUOKA

住所:福岡市中央区地行浜2-2-6

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる