新しいおうち遊び! 手軽なアウトドアで新しい楽しみ発見

 新型コロナウイルスによる自粛生活中、外で思いっきり遊ぶことができない9歳の息子と6歳の娘は、ストレスがたまっていました。そこで、たまには気分転換も必要だと思い、家の庭でバーベキューをすることに。娘のステキなアイデアも飛び出しました。

目次

庭でのバーベキューは準備も楽で大満足! 気を付けた点は…

出典:晴彦 鈴木 – stock.adobe.com

 庭でのバーベキューは、昼間にしました。家の前は道路で、通行人の視線が気になるので、まずはタープ(日差しや雨を防ぐための広い布)を設置しました。すると目隠し効果はもちろん、アウトドア気分もアップしました。いつもと違った非日常的な雰囲気に、子どもたちは大興奮です。  けれど、「騒がない」が基本マナーです。近隣トラブルにもなりかねないため、大声を出さないように子どもたちと約束しました。また隣接する家の洗濯物に煙が流れていかないように、風向きを考慮しながら準備をしました。  子どもたちと一緒にバーベキュー用品を倉庫から取り出し、家の庭へ運びました。テーブル、チェア、バーベキューコンロを設置。あとは火を起こして肉を焼くだけです。飲み物やご飯、食器などは家から適宜持ち出せばよし! キャンプ場などとは違い、必要なものをすぐに取りに行けるのが楽でした。  「ジューッ!」と肉の焼ける音がたまりません。久しぶりのバーベキューに私も胸が躍りました。家の庭ですが、すっかりアウトドア気分です。肉がいい感じに焼けて、一口パクリ。何て幸せな瞬間なのでしょう! 外で食べる味は格別で、子どもたちの食欲も増し「ご飯おかわり!」の嵐でした。  「おいしいね、楽しいね」と会話も盛り上がり、久々に楽しい時間を過ごせました。「またバーベキューしたい」と子どもたちは声をそろえて言いました。

娘考案の「ピクニック」にワクワクが止まらない!

出典:Iuliia Sokolovska – stock.adobe.com

 バーベキュー以外にも楽しめることはないかと考えたところ、娘が「ピクニックがいい! おやつは200円まで。リュックサックにお弁当も入れて、庭で食べるの」と提案。なかなか面白そうだと息子も賛成し、翌日庭でピクニックをすることにしました。  当日は、できるだけ人の少ない時間帯にスーパーへ行き、子どもたちに好きなおやつを選ばせました。2人はリュックサックにおやつ、レジャーシートを詰めながら「おいしいお弁当作ってね!」と、すでに楽しそうです。  私も特別にやる気を出し、キャラ弁に初挑戦しました。おにぎり型や、のりパンチを使って何とか完成! かなりの労力を費やしましたが、こういう機会がなければやらなかったことです。私にとってもいい経験になりました。  庭にレジャーシートを広げて、みんなで一緒に弁当を食べました。初めてのキャラ弁に、子どもたちは大喜び。頑張ってよかったと心から思いました。  この日は快晴で、心地いい風が吹き、すがすがしい気持ちに。手軽にピクニック気分が味わえて、とても楽しかったです。  自粛する状況にならなければ、家の庭でバーベキューやピクニックをすることはなかったと思います。いつもの日常を過ごしていれば、気付かなかった家遊び。外に出られないことで、子どもたちと新しい楽しみを見つけられて、うれしく思うのでした。 (ファンファン福岡公式ライター/伊藤優香)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる