まるでマジック! 子どもの食欲を劇的に回復させた物とは?

 新型コロナウイルスによる外出自粛生活の中、おなかが空かないのでしょう、7歳と6歳の息子は食欲がなく、ご飯を嫌々食べるようになりました。ちょっとでも気分が変わればと取り出したある物が、思いがけず2人に大好評! 昼食をあっという間に完食したのでした。わが家に起きた出来事を紹介します。

目次

外出自粛が続き、食事をするのもさせるのもストレスに

出典:New Africa – stock.adobe.com

 1日自宅にこもっている日が続くと、おなかが空かないようで、子どもの食べる意欲がなくなっていました。  食べたくないのに、決まった時間に食べるのが嫌なようで、「ええ、またご飯食べるの?」とこぼす始末。渋々テーブルに着いても、食べ終わるまでの時間は長くなり、食べ残しも多くなりました。  あまりに嫌がる様子を見ていると、料理を作っている私もついイライラしてしまいます。いくら学校が休みだからといって、朝食に2時間かかったら腹も立ちますよね? 私は「食べることに集中しなさい!」と、小言が増えました。  そんなある日のこと。少しでも気分を変えることができたらと、ベランダにテントを出してみました。しばらくの間、2人はテントに入って楽しく遊んでいたので、その隙に昼食の準備をしました。  食事が出来上がったので、子どもたちに声を掛けると「お昼ごはんも、ここで食べた~い!」と思いも寄らない返事があったのです!

キャンプ気分で、あっという間に完食して笑顔に!

出典:Viktoria – stock.adobe.com

 その日のメニューは、パスタでした。「簡単に運べるし、こぼれにくそうだからいいか!」とテントの中に料理を並べました。  すると子どもたちは「やった! いただきます!」と言うな否や、パスタをどんどん口に運び、あっという間に完食するではありませんか。これには私もびっくり!  「すごいね! きちんと全部食べたね~」と声を掛けると、「キャンプみたいで楽しい!」と大はしゃぎ。それ以来、昼食を毎回テントで食べたがるようになりました。  晴れた日はベランダ、雨の日は室内にテントを張りました。テントの中だと必ずといっていいほど、スピーディーに完食します。  時にはテントで昼寝をしたり、おもちゃを持ち込んで遊んでいます。特別な感じがして、うれしいのかもしれませんね。  今でも、休みの日には「お母さーん、ランチ2人分お願いしますー!」とテントの中から元気な声が聞こえてきます。 (ファンファン福岡公式ライター/minimix)

ごはんを食べない1歳児 パクパク食べるようになった理由とは?!

庭BBQで職場に苦情!? 神経質なクレームかと思いきや…

【ママ友にドン引き】我が家は無料託児所じゃない!毎日手ぶらで子どもを預けに来るお困りママ

お食い初めに贈りたいおすすめの食器10選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる