【マークイズ福岡ももち】「アジアの子どもたちの絵日記展」が開催!

 三菱アジア子ども絵日記フェスタ「アジアの子どもたちの絵日記展」が8月19日(木)~22日(日)、MARK IS 福岡ももち(福岡市中央区)で開催されます。アジア24カ国・地域の子ども達が描いた絵日記作品が一堂にそろいます。

目次

アジアの国・地域の文化や生活も垣間見える「アジアの子どもたちの絵日記展」

 「アジアの子どもたちの絵日記展」では、 2019年~2020年(14期)に作品を募集し、各国・地域のグランプリに選ばれた24人の作品120点が展示されます。6~12歳の子ども達が描く作品のタッチは多様で、それぞれの国・地域の文化や生活が生き生きと表現されています。

 入場は無料。子ども達の愛や希望あふれる作品に会いに行ってみては。

MARK IS 福岡ももち「アジアの子どもたちの絵日記展」

期間:8月19日(木)~22日(日)
会場:MARK IS 福岡ももち 3階エスカレーターサイド A・B・C(福岡市中央区地行浜2-2-1)
時間:10:00〜20:00
入場料:無料
主催:三菱広報委員会、アジア太平洋ユネスコ協会クラブ連盟、日本ユネスコ協会連盟
後援:ユネスコ、横浜市、横浜市教育委員会、福岡市教育委員会 ESD 活動支援センター、九州 ESD 活動支援センター 他
協力:MARK IS 福岡ももち
問い合わせ:三菱アジア子ども絵日記フェスタ実行委員会事務局
電話番号:03-5777-6825
Eメール:enikki@cicinc.co.jp

<参加国・地域>
バングラデシュ/ブータン/ブルネイ/カンボジア/中華人民共和国/インド/インドネシア/カザフスタン/大韓民国/ラオス/マレーシア/モルディブ/モンゴル/ミャンマー/ネパール/パキスタン/フィリピン/シンガポール/スリランカ/チャイニーズ・タイペイ/タイ/東ティモール/ベトナム(アルファベット順)/日本
※日本グランプリ受賞者は愛知県在住(応募当時)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる