大人の自由研究。自家製レモンサワーを作ったら最高に美味しかった!

暑い!暑すぎる!連日の猛暑で頭がクラクラします。つい先日、静岡県浜松市では気温が41度を記録。福岡県でも35度の日が珍しくなくなってきました。アメリカのデスバレーでは54度まで達したそうで、想像しただけで汗がダラダラでてきそうです。そんな中でも、何か楽しみを見つけたいものです。以前、新鮮なレモンをたくさん手に入れたので「自家製レモンサワー」を作ってみました。我ながら、中々の出来に仕上がりましたよ。

出典:ひろやん

今年の夏はコロナの影響もあり、自宅を中心に過ごす日が続いています。子ども達の勉強を見ながら、ふと僕も何かチャレンジしてみようと思いました。どうせやるなら好きな事をやってみたい。僕の好きな事って何だ??「そうだ!お酒が好きだ!」という単純な動機で、レモンサワー作りに挑戦しました。なんでレモンサワーかというと、たまたまレモンをたくさん買っていたからです。

出典:ひろやん

ネットでレモンサワーの作り方をググると、黒糖焼酎で浸けることを推奨していました。近所の酒屋さんに行って、「レモンサワーを作りたいんですけど、オススメの焼酎ありますか?」と尋ねると、こちら(※1枚目の写真)はどうですか、と「浜千鳥乃詩」という銘柄の焼酎を案内されました。(確か、1.8リットル30度で2,200円くらいでした)

出典:ひろやん

慣れてくると面白いもので、それなりに皮をむき終えました。ミカンの皮は何度もむいたことがありますが、当然ですがレモンの皮は固いです。

出典:ひろやん

むき終えた皮をこんな感じで瓶に詰め、焼酎を8分目くらいまで注ぎます。レモンは3玉使用しました。どんな味に仕上がるか楽しみ楽しみ!

出典:ひろやん
出典:ひろやん

レモンサワー用で、レモン氷を作りましたが、普通の炭酸水だけで割ってもスカッとして美味しいです。休刊日にはそんな飲み方もしています。

出典:ひろやん

グラスにレモン氷を適量入れて、レモンの皮を漬け込んだ焼酎1:炭酸水2くらいの分量で注いで少しかき混ぜます。

出典:ひろやん

さてと、お味は。。。めっちゃウマい!!まだ漬け込んでそんなに日が経っていなかったので、どうかな~という感じではあったんですが、しっかりレモンを感じます。マドラーでレモン氷をガシガシつぶすとレモン果汁が広がって全く飽きません。

出典:ひろやん

2杯目は、塩を足して味変を楽しんでみることに。ソルティードックをイメージしたのですが、これはこれでハマります。なんでもっと早くチャレンジしなかったのか不思議です。

出典:ひろやん
出典:ひろやん

漬け込む日が浅いものに比べて、奥深さが出ています。なんというかレモン感が濃い感じです。同じ分量で作っても漬け込む期間によって味が変わるのは面白いです。ついでに、生のレモン果汁を追加しましたが脳内が興奮して、まるでパラダイス!デスバレーとはほど遠いですが、日本でも熱中症は要注意です。お酒で水分補給はダメですよー。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる