さよならイムズ わくわくした「舞台」忘れない 32年の歴史に幕

 天神のランドマークの一つ、福岡人の多くの思い出が詰まったイムズがついに2021年8月31日、つまり今日閉館します。金色の有田焼タイルをふんだんに使ったきらびやかな外観、吹き抜けの開放的な空間、先鋭的でおしゃれなお店の数々、「今どこにいるんだろう」と少し迷子になってしまいがちな12階より上のレストランフロア…。読者のみなさまの思い出も数多くあることでしょう。

目次

衝動買いしたピアノは今でも相棒に

多様な種類のウクレレが並ぶ売り場

 15年前、ふと立ち寄り衝動買いしたYAMAHAの電子ピアノ「P-70」は、今でも私の相棒です。その後も、ギターのピックや弦、ドラムスティック、ブルースハープ、スコア(楽譜)などこちらで手に入れたものは数知れません。

 イムズの思い出。私は何といっても、5階の島村楽器にたくさん詰まっています。

 吹き抜けの館内が見渡せるガラス張りのエレベーターも素敵でしたが、私はエスカレーター派。地下2階のスパイラル部分から、どきどきしながら上がっていき、5階に着くと、ぱっと眼前に多くの楽器が広がる売り場が。何度来ても胸が踊っていました。

 あまりにも名残惜しく、今月上旬にはウクレレを購入しました。

楽譜の種類が豊富で弾きたい曲が見つかると嬉しかった

最後の週末、別れを惜しむイムズファン

 イムズ閉店まで最後の週末である8月29日の日曜日、お店を訪れると、多くのお客さんでにぎわってました。
 その内の1人、福岡市博多区の会社員、永尾純三郎さん(58)はかなりの島村楽器ファン。8月6、7、8日にイムズホールであった「2021福岡ギターショー」では、何と1日1本、計3本のギターを購入したとか。

 「食事や車の展示…。そして、天神に来てこのきらびやかな建物の中で、楽器を見るのが若いころから好きだった。思い出にひたっていたら、買っちゃっていました」

 29日も妻の由紀子さんと開店前から並び、ギターを弾く際に使用する椅子を購入。由紀子さんは、プロ仕様の鍵盤ハーモニカを購入。2人とも、満面の笑みを浮かべていました。

イムズとの別れを惜しみ楽器を購入した永尾さん夫妻

ギターキッズがリペアマンに

 イムズ閉店を寂しく思う気持ちはスタッフさんも一緒。

 島村楽器ギターリペアマンの尾仲宣彰さん(40歳、福岡県中間市出身)は、

 「若いころはお客としてイムズに来て、楽器を見に来ていました。スタッフになってからは(楽器に憧れる若者の)楽しめる場所になればと思っていました」と寂しそうに話しました。

 尾仲さんは、閉館まであと3日に迫った29日も丁寧にアコ―スティックギターの弦を張り替えるなど、「職人」の技を淡々とこなしていました。

尾仲さんによるとギター、ベースなどが店内には500本以上並べられている
ギターの音を豊かにするエフェクターも種類が豊富

「デートで歩くだけで誇らしい」

 私は島村楽器でしたが、読者のみなさんそれぞれに、イムズの思い出の場所があると思います。

 7月16日にイムズホールで開催されたシンポジウム「黄金の天神カルチャー ~イムズが目指した役割と行方~」(イムズなど主催)では、アートコーディネーターの宮本初音さんが「デートでイムズを歩くだけで誇らしかった」と発言していました。
 「うんうん。わかる」
 そう思った読者の皆さんも多いのではないでしょうか。

ありったけのイムズ愛を教えてください

 そんな特別な「舞台」であったイムズ。

 みなさんの惜別の気持ちや思い出、エピソードを教えてくれませんか? 西日本新聞meアプリでは32年の歴史に幕を閉じる閉館日のきょう31日、1日ドキュメントを随時更新しています! 皆さんのコメントも受け付けていますので、ありったけのイムズ愛を書き込んでください。

開放感たっぷりだったイムズの吹き抜け

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる