これから注目! ジョージアワインの魅力を堪能

 今、飲食業界などで注目されているというジョージアワインを知っていますか。2013年にユネスコの無形文化遺産に登録された伝統的な醸造法で造られる銘柄もあって、知る人ぞ知るワインです。福岡市中央区のクアンティックで「ジョージア・ワイン・マスタークラス」(主催:ナショナル・ワインエージェンシー・ジョージア)セミナーが開かれると聞きつけ、出席してきました。マスター・オブ・ワインの資格を日本で唯一保持する大橋健一さんが解説、日本ソムリエ協会副会長の石田博さんがコメンテーターとして登壇しました。

目次

世界遺産に登録された伝統的なクヴェヴリ醸造法

琥珀(こはく)色したオレンジ(アンバー)ワイン

 東欧に位置し黒海とカスピ海に挟まれたジョージア。「ファッションブランド・バレンシアガのアーティスティック・ディレクターがジョージア出身者ということもあり、同国にはデザイナーの卵が多く、欧州でジョージアはファッションの国と認識されているそうです」と大橋さん。

ワイン業界で名高い“マスター・オブ・ワイン”の資格を持つ大橋健一さんが案内役

 ジョージアは“ワイン発祥の地”として知られています。約8,000年前の新石器時代、日本でいえば縄文時代後期に醸造されていたことが遺跡から分かっているといいます。

ジョージアに行ってみたくなりました

 ジョージアには約525種類もの土着品種のブドウが存在していて、近代的なヨーロッパ式や伝統的なクヴェヴリ式で醸造されています。

伝統的なクヴェヴリで手間をかけて仕込まれるワイン

 クヴェヴリ式とはクヴェヴリという甕(かめ)を使うのが特徴。首部分から下が地中に埋められた容量1,000 ℓ~2,000 ℓある甕に、果皮のついたままのブドウを入れ発酵させます。果皮ごと漬け込むことで、果皮の成分と色合いがしっかり出るそうです。クヴェヴリで造られた白ワインは琥珀色をしていることから“アンバーワイン”と呼ばれています。世界のワインシーンではオレンジワインともいわれます。

2つの世界遺産を楽しむ組み合わせを提案

7種類を試飲しました

 試飲したワインのブドウ品種は、白ブドウのルカツィテリ、ムツヴァネ、黒ブドウのサペラヴィの3種類です。

 例えば、ルカツィテリを使ったクヴェヴリ製法の「シャラウリ ルカツィテリ」(2018年 シャラウリ・ワイン・セラーズ)。ワイン初心者の私にとって、渋味が印象的でした。

日本ソムリエ協会副会長の石田博さんがコメンテーター

 「香りは深みのあるアプリコットやオレンジの砂糖漬けのような雰囲気。口当たりは(果実や風味の)凝縮感があります。舌に締め付けを感じ、その収斂(しゅうれん)味が時間とともにうま味に。その味わいがくせになるんです」と石田さん。

 ルカツィテリの程よい渋味は油脂分のある料理などと相性が良いとか。「試しにすきやきと合わせてみたらマッチしました。漬け汁が香ばしい“ゴマサバ”などとも合うと思います」(石田さん)

ジョージアワインと和食の組み合わせを提案

 「ナショナル・ワインエージェンシー・ジョージアではジョージアワインと和食の組み合わせを提案しています。和食も13年にユネスコの無形文化遺産に登録。一緒に味わうことで、2つの世界遺産が同時に楽しめるのが魅力ですね」(大橋さん)

セミナーには酒類販売関係者などが参加

 石田さんは「ジョージアは欧州、中東、アジアの文化が混じったミックスカルチャーの国です。海外の文化をうまく取り入れている福岡もミックスカルチャーの都市。共通点のあるストーリー性を生かして福岡にジョージアワインが展開されていくことを期待しています」と話しました。

 「購入したいという人には、福岡県久留米市の酒販店『IZUMIYA』さんが種類をそろえて紹介していますよ」(大橋さん)

 大注目というジョージアワインをこれからもっと味わってみたいですね!

ジョージアとジョージアワインの魅力が詰まったセミナーでした

<試飲したワイン>

(1)2018年 ジョージアンワインハウス ルカツィテリ(ジョージアンワインハウス/ヨーロッパ式製法/2,300円)希望小売価格、税別

(2)2019年 シュフマン ムツヴァネ(シュフマンワインズ/ヨーロッパ式製法/1,600円)

(3)2019年 ギウアーニ ルカツティリ(ギウアーニ/クヴェヴリ式製法/2,500円)

(4)2018年 シャラウリ ルカツィテリ(シャラウリ・ワイン・セラーズ/クヴェヴリ式製法/3,450円)

(5)2019年 ラガジ ムツヴァネ(ラガジ・ワインセラー/クヴェヴリ式製法/4,000円)

(6)2020年 ベシーニ ムクザニ(ベシーニ ワイナリー/ヨーロッパ式製法/1,800円)

(7)2018年 シャルヴァ・グヴァラマゼ サペラヴィ(シャルヴァ・グヴァラマゼ ワイナリー/クヴェヴリ式製法/2,800円)

<ジョージアワインが購入できる店舗>
IZUMIYA 本社SHOP
住所:福岡県久留米市六ツ門町6-38
電話:0942-32-7813

7種類のワインボトルとクヴェヴリのミニチュア

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる