「2人の演技は強烈です」 映画「劇場」の行定勲監督にインタビュー

 芥川賞作家・又吉直樹さんの大ヒット恋愛小説「劇場」が山﨑賢人さん主演で映画化され、7月17日(金)に公開。山﨑さん演じる売れない劇作家・永田と、松岡茉優さん演じる女優を夢見て上京してきた学生・沙希。夢への葛藤や期待、切ない感情が入り交じる2人の不器用な恋が描かれます。行定勲監督に話を聞きました。

出典:ファンファン福岡

―原作を読んだ印象は?  非常に力があり、切実な筆致だと思いました。モノを作る人間の避けられない性(さが)が描かれていて、又吉さん自身の経験も投影されているんだろうなと思いながら一気に読みました。主人公の永田は、世間的には最低な人間で、どうしようもない(笑)。だけど、彼の行動原理や考え、やるせなさみたいな感情とか、全て理解できます。読みながら身につまされましたね。人の愚かさやモノを作る人間の愚かさのようなものが、映画なら余すことなく描けるのではと思い、この小説をぜひ映画にしたいなと思いました。 ―夢を追ってきた、過去の監督自身と重なる部分、共感できる部分があったのでは。  本当に共感できることばかりですよ。でも、僕はもっといい加減で要領が良かった(笑)。永田とは似ていませんが、永田が言っていることは全部分かるし、肯定できます。僕が映画監督になった頃かな。表現者として“ゼロからイチにする”という、表現の苦労を知るようになった頃の自分に近いものがありますね。作品への批評に対するいら立ちや、客の入りとかを気にしたりして。そんなぶつけようのないあの頃の気持ちが「劇場」には詰まっています。そして、男女のどうしようもなさ、お互い思い合いながらも、すれ違う。超普遍的なテーマでもあり、すごく泣けてくるんです。

出典:ファンファン福岡

―山﨑さんと松岡さんの演技はいかがでしたか?  強烈ですよ。山﨑さんは、クランクインまでにいい感じに無精ひげを生やしてくれました。それも相まって、女性にとっては邪魔で厄介な妙な色気もあって。最低だけど憎まれるほど悪人ではない、永田のかわいらしさを含んだ匂いをしっかり演じてくれました。だけど、何よりも山﨑さんの演技を引き出したのは松岡さんですね。彼女はブレない。沙希という女性をすごいグラデーションで表現していました。前半は天然でかわいく、ちょっとあざとさも感じられるけど、最後に納得するというか。ストーリーが進むにつれて壊れていく姿を見せる彼女の演技、それを目の当たりにする山﨑さんの衝動やリアルさを撮り逃さないようにしました。そんな彼を見る松岡さんもうれしそうで。もう2人でセット。この2人で良かったなと思います。どちらかが欠けていたら、これほど自信を持って披露したいと思える作品には仕上がっていなかったと思います。 ―監督は舞台演出もされますが、今回の映画につながった部分は?   演劇は自由なんですよ。あまりにも自由すぎてどこから取り掛かればいいのか迷う時もあります。今回は、東京・下北沢の沙希のアパートや小劇場はセットを組んで撮影しています。アパートの窓の外の景色や光も全て再現しました。舞台は「ここは渋谷」とセリフで言ってしまえば、そこは渋谷になってしまう。以前、蜷川(幸雄)さんと対談した時、「映画はいいねえ、好きな場所にカメラを持って行って好きな時に撮れる。自由でいいね。舞台は窮屈だよ」なんて言われたことがあるのですが、「舞台こそ自由じゃないですか! 自由を模索して表現されているじゃないですか」なんて話したのを思い出しましたね。

出典:ファンファン福岡

―監督は熊本県出身で、くまもと復興映画祭のディレクターを務めるなど、地元への強い愛を感じます。  先日、南阿蘇に行ってきましたが、まだまだ復興できていない場所もあります。これからも毎年春には、くまもと復興映画祭を開いて、熊本をもっと盛り上げて、元気を発信したい。福岡の皆さんも熊本にぜひ遊びに来てくださいね。 ―同じ九州の、福岡県はいかがですか?  福岡は、映画のキャンペーンでよく伺いますよ。好きな街ですが、熊本のライバルですね(笑)。

出典:ファンファン福岡

【プロフィル】ゆきさだ・いさお  1968年熊本県出身。2000年に長編映画初監督作「ひまわり」で釜山国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。01年に映画「GO」で第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞ほか。04年に公開した映画「世界の中心で、愛をさけぶ」で興行収入85億円の大ヒットを記録。そのほか「北の零年」「春の雪」「ピンクとグレー」「リバーズ・エッジ」など。舞台「趣味の部屋」「ブエノスアイレス午前零時」「タンゴ・冬の終わりに」などの演出も手掛ける。

映画「劇場」公式サイト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる