プレミアホテル門司港×小倉 縞縞がコラボ!「小倉織」を全国へ発信

 プレミアホテル門司港(北九州市門司港)と伝統織物「小倉織」を企画・販売する小倉 縞縞(北九州市小倉北区)が初のコラボレーション。「小倉織」を使用したホテル館内装飾や、宿泊者向けプレゼント企画、ホテルスタッフの制服など、さまざまな形で「小倉織」が全国へ発信されます。

目次

SDGsの17の目標を「縞縞」で表現

提供:プレミア門司港ホテルマネジメント

 プレミアホテル門司港は、イタリアの建築家 アルド・ロッシが建築した20世紀を代表するデザイナーズホテル。美術館のようなホテルのメインエントランスに高さ5メートルの「小倉 縞縞 SDGs」が登場しています。

  「小倉 縞縞 SDGs」 は、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標を「縞縞」で表現し、小倉織の特長であるたて縞の生地をSDGsの目標項目数にちなんだ17色で表現されています。
 たて糸は小倉織本来の木綿糸が使用され、よこ糸には衣服などを原料にした再生ポリエステル糸が使用されています。迫力あるサステイナブルな小倉織を一度見に行ってみては。

大好評だった「小倉織コレクション展」2回目も企画中!

提供:プレミア門司港ホテルマネジメント

 プレミアホテル門司港では、2021年6月~7月末にかけて「第1回小倉織コレクション展」を開催。期間中に宿泊し、アンケートに答えると抽選で50人に小倉織の賞品がプレゼントされる企画です。 第1回目では、1,700人の宿泊者がアンケートに回答・応募。好評だったことから、現在第2回目を企画されているそうです。楽しみですね♪

 また、伝統的織物を使用した「縞縞抗菌消臭箱マスク」をはじめ、「ハンカチ」や「あめちゃん袋」、「名刺入れ」や「バッグ」などの販売は継続して実施されているとか。大切な人へのお土産にぴったりです。

小倉織デザインのスタッフ制服に注目!

提供:プレミア門司港ホテルマネジメント

 「時代とロケーションにあったスタッフの装いを整えたい」というホテル総支配人の想いから、実現した小倉織デザインの夏制服。職位によって異なる2色が採用され、関門海峡の海の色を表現したライトブルーとネイビーブルーが使用されています。右肩から縦ラインに入る小倉織が目を引きますね。

プレミアホテル門司港(旧:門司港ホテル)

住所:北九州市門司区港町9-11
電話番号:093-321-1111

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる