FINA世界水泳FUKUOKA 2020大会ボランティア募集

 東京オリンピック・パラリンピックの感動冷めやらぬ中、次の国際大会スポーツの舞台、「FINA世界水泳FUKUOKA2022」準備が着々と進んでいます。世界中に感動を与える大会の一員になれる大会ボランティアに挑戦してみませんか。

目次

FINA世界水泳FUKUOKA2022の概要

 FINA世界水泳FUKUOKA2022では、2つの大会が開催されます。

○第19回FINA世界水泳選手権2022福岡大会(2022年5月13日~29日開催)

 FINAが2年に1度、競泳・飛込・ハイダイビング・水球・アーティスティックスイミング・オープンウォータースイミングの6種別で世界一を競うトップアスリートの大会で、水泳界においてはオリンピックに次ぐ重要な国際大会です。

○第19回FINA世界マスターズ水泳選手権2022九州大会(2022年5月31日~6月9日開催)

 FINAが主催する水泳のマスターズ世界大会です。17年大会では96か国から9,000人を超える元選手や水泳愛好家が参加しました。福岡市、熊本市、鹿児島市を舞台に開催されます。

 20年前の2001年に福岡市で開催された大会では、北島康介選手やイアン・ソープ選手などの活躍で話題になったことを覚えている方も多いと思います。当時の成功を経て大会規模や種目数などはるかに大きくなっているそうです。

大会ボランティア募集について

 福岡市役所に事務局を置く第19回FINA世界選手権2022福岡大会組織委員会では、ボランティア募集を開始しています。

 募集人員は約5,000~6,000人。大会を円滑に行うために多くの人の力を必要としています。ボランティア経験や言語スキルが必要なのではと思いがちですが、ボランティアも様々な役割があるそうなので、ぜひ一歩を踏み出してみましょう!

前回大会に視察の経験から

 2019年7月、前回大会の開催地である韓国 光州に視察に行きました。同会場は大会開催会場が複数に分かれ、会場間の距離や滞在ホテル等が離れていました。その間の移動や期間中の市中での食事などで多少なりとも言語や文化の壁があったことを覚えています。

2019年7月光州大会視察時撮影

 おもてなしの心と対応で、本大会を通じて来訪される選手・大会関係者・観戦客の皆様が福岡への好印象を持って帰っていただける大会になるよう、個人的にも出来ることを探したいと思います。

第19回FINA世界水泳選手権2022福岡大会ボランティア事務局

住所:福岡市中央区天神1-9-17-11F
電話:092-716-7104(ボランティアコールセンター) 平日9:30~17:30 ※土日祝日を除く

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる