とり田・9月期間限定「極み麻婆まぜ麺」【10辛】を食べていい汗かいた

目次

福岡PARCOで水炊きの名店「とり田」の担々麵が楽しめる

福岡を代表するグルメの1つ「水炊き」。人気店・有名店もいくつかありますが、その代表格と言えるのが「とり田」さんではないでしょうか?

私も何度もお店にお世話になっているし、県外の方へちょっとした贈り物をする際に、よくとり田さんの「水炊きセット」を利用します。

そんなとり田さんですが、福岡PARCOの地下で水炊きスープをベースとした担々麵屋さんもやられています。いつもお客さんで賑わっている人気店。今日は気分的に辛いものが食べたかったとこもあり、突入してみました!

期間限定の「極み麻婆まぜ麺」を頼んでみた

こちらの定番は、屋号のとおり「博多担々麵」です。

「丸鶏をベースとした水炊きスープと胡麻鯖のゴマだれをヒントとし、辛味に5種類の唐辛子のラー油で仕上げる博多担々麺。」(とり田WEBサイトより参照)

非常にコクがあるけれども、どこか上品で私も大好きな担々麵です。

ただし本日オーダーしたのはこちら・・・

9月の期間限定麺である「極み麻婆まぜ麺」。もう見た感じから間違いないです。

辛さは調整可。MAXの10辛をオーダー!!!

メニューを見ていると辛さが4段階から選べる模様。元来辛い物が好きなのですが、通常であればせいぜい「5辛」を選んでいたかと思います。

しかし今日の自分は攻めたかった。若干イキって店員さんにいいました。「10辛で」

店員さんから「かなり辛いですよ・・・」と心配され、速攻で日和りそうになりましたがなんとか気丈に「いえ、自分、辛いの好きっス、10辛で・・・」

我ながら何に対して意地をはっているのかわかりません。中年の心にある日芽生えた反骨心。

「15の夜」ならぬ「41の昼」です。

こちらが限定の極み麻婆まぜ麺

注文してまもなく、やってきました「極み麻婆まぜ麺」(10辛)。

見た目からして最高にうまそうです!しかし、まだマスクを外してない段階から、空気にのって辛さが伝わってきます。空気だけで毛穴が開きそう。

麻婆豆腐の具と麺をしっかり絡ませ・・・・いただきます!

うましです!非常にうましです!

お豆腐は福岡市の名店「荒木豆腐店」の地豆腐

食べてみて感心したのが、お豆腐の美味しさ。私、豆腐マイスターの資格をもっており豆腐には一家言あるめんどくさいオジサンなんですが・・・

豆腐がしっかりと美味しい。

麻婆豆腐ってしっかり調理するから、ついつい豆腐自体にはそんなにこだわならいことが多いのですが、こちらは福岡市城南区の人気豆腐店「荒木豆腐店」さんのお豆腐を使っているとのこと。全然ちゃいます。お豆腐自体がほどよく主張していて、麺にも辛みに負けていません! 

10辛の威力はいかほどに・・・辛みも追加してみた!

10辛にしているだけあって、当たり前ながら辛いです。ただし全然いける範囲内。単純に辛いだけではなく、スープのコクや豆腐のなめらかさとマッチして、上質な仕上がりなんです。どんどん箸が進みます。

まだ辛さ的にはいけるんちゃうん。と、追加できる「辛み」をさらに投下。スープがさらに灼熱ともいえる色味になってきてますが・・・うまい!いける!夢中で食べ終わりました!

油断大敵。10辛なめたらあかんかった。

すっかり満足して、お会計へ。レジにいたのは、オーダー時に「かなり辛いですよ・・・」と心配してくれた店員さん。

確かに辛かったけど結構余裕で食べれましたよ!と密かにほくそ笑みながら会計をすませていたら、ポタポタ、と汗。

席を立ち、レジに向かい、財布からお金を出すその少しの間にむちゃくちゃ汗をかいてしまった。気づくと顔中汗だらけ。しまった、余裕こいてたけど新陳代謝が悪いだけだったかもしれない。

この時期のあるあるですが、辛いもの食べた後のマスクが辛いです。マスク内が熱風。炎柱が大立ち回りしているかのよう。

油断してた!やばい!大汗かいて会社に戻り、カバンを空けると・・・・

しまった。今日、妻にお弁当を作ってもらってたんだった。完全に忘れて外食してしまった・・・怖い、怒られる。結果的に「冷汗」が出ました。

おあとがよろしいようで・・・。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる