福岡雙葉小学校 9/25(土)にオンライン型オープンスクールを開催

 来春からの新学期に向けて、学校選びも最終段階ではないでしょうか。今回は、キリスト教精神に基づいた女子教育を行う福岡雙葉(ふたば)小学校の特徴や強みについて紹介します。

提供:福岡雙葉小学校
目次

情報教育(ICT)環境の充実

提供:福岡雙葉小学校

 低学年では情報モラルを丁寧に指導し、計画的に教育で活用していきます。福岡雙葉学園では、Wi-Fiモデルではなく、Wi-Fi等の環境がなくても使用可能なセルラーモデルのiPadを採用。また、活用法について熟知したApple社認定資格を取得した教員が多数在籍しています。学園内での情報共有も積極的に行い、学校や自宅学習・学外活動等で積極的に使用されています。

1年生から実践型英語の授業を実施

提供:福岡雙葉小学校

 同校では、1年生から週2時間の授業を設定。授業だけではなく学校生活の中で多くの常勤外国人教師と関わりながら「生きた英語」が学べます。また、算数・生活・理科などの科目も英語で学ぶ『GC (グローバルコミュニケーション)コース』も設置。 将来の大学入試に向けた総合力を身につける『雙葉コース』と合わせ、 学び方、将来の進路選択に合わせたコース設定が実施されています。

担任教員、専科教員によるサポート

提供:福岡雙葉小学校

 同校では、宗教・英語・音楽・図工・理科・体育の教科指導は各専科教員が担当。国語・算数・社会・生活などの教科指導は担任が担当します。教科指導を専科教員と分担するため、担任はより一人ひとりに向き合うことができ、さまざまな面で子どもたちをサポートします。

 福岡雙葉小学校では、今年度よりインターネット出願をスタート。その他、動画での学校紹介や、9月25日(土)にはオンライン型オープンスクールを開催。また今後授業見学ウィークの実施や、希望者向けに個別相談会も実施されます。詳しくは、ホームページを確認ください。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる