完母から混合に変えたら、0歳育児が楽勝モードに!

 「赤ちゃんには母乳が一番」や「母乳にはミルクにない免疫物質がある」は、母になった女性が一度は耳にしたことがある“母乳神話”。けれど母乳育児にこだわるあまり、うまくいかずに思いつめてしまう人もいるといいます。母乳とミルク、どちらも経験した私が、これから出産する妊婦さんにおすすめしたいのは、母乳とミルク併用の混合育児です。

目次

第1子と第2子は完全母乳育児にこだわり、疲労困憊(こんぱい)!

出典:yamasan – stock.adobe.com

 初めての出産。私は、赤ちゃんを産んだら、牧場の乳牛のように、あふれ返るほどの母乳が出てくるのだと思い込んでいました。ところが、いざ産んでみると、母乳は少しも出てきません。

 一生懸命搾ってようやく1、2滴。出産直後で疲れきった体でしたが、病院にいる間に、助産師さんの母乳指導や母乳マッサージを何度も受けました。  

 あまりに完全母乳育児(以降、完母)のハードルが高くて、ミルクでもいいかと諦めかけたのですが、双方の親から
 「ミルクなんてとんでもない! 母乳が一番!」
 「母乳で育った赤ちゃんは、賢い子に育つ」とプレッシャーを掛けられ、
 「絶対に完母にしなければ」と思い詰めていました。

 幸い、母乳は出るようになったのですが、3時間置きの授乳と慢性的な睡眠不足で、疲れは最高潮に。育児についても試行錯誤の連続で、疲れた体で赤ちゃんの世話に明け暮れました。

 第2子も完母で育てたのですが、頻回授乳に加えて第1子のイヤイヤ期と出産が重なってしまい、あまりの疲れにその時の記憶など、もはや遠いかなたへ。かわいい赤ちゃんの時の記憶が曖昧だなんて、もったいないですよね。第1子、第2子の0歳育児は、母乳神話にとらわれ、自ら育児をハードモードに追い込んでいました。

混合育児で苦労を克服! 育児を楽しむ余裕も

出典:evso – stock.adobe.com

 そんな私が5年ぶりとなるこの春、第3子を出産しました。すっかり下降気味のバストからは、母乳が出ません。出産から数日後、ようやく出ましたが、量が全く足りないのです。そこで禁じ手だった混合育児(母乳とミルクの併用)に踏み切りました。すると、あんなに大変だった0歳育児が、一気に楽勝モードになったのです。

 ミルクは、夕方と深夜の1日2回。わが家は夕食前にお風呂に入るのですが、入浴で喉が渇くせいか、赤ちゃんはミルクを飲み干したら、すぐに寝てくれるのです。その後、私は夕食の支度をして、食事をします。完母の時は、冷めきった食事ばかりだったのに、今は熱々の食事でパワーチャージできています。

 次のミルクは、深夜0時前後。母乳の後、しめにミルクを飲ませます。ベビーベッドに寝かせたまま哺乳瓶をくわえさせるので、本格的な眠りに入るのもスムーズ。完母の時は、深夜の授乳で赤ちゃんを寝かしつけても、ベビーベッドに置いた途端、目を覚ましていたので、こんなに寝かしつけがラクなんて、うそみたいです。

 しかも、ミルクは腹持ちがいいせいか、朝7時頃までぐっすり就寝。完母の時に3時間置きの授乳で睡眠不足になっていたのは、なんだったのでしょう。ミルクや母乳については色々な意見があると思いますが、私は今、あっという間に過ぎてしまう貴重な0歳育児を堪能できて、幸せに思います。

(ファンファン福岡公式ライター/tsukuko)

あわせて読みたい
「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれた看護師さん  出産前後で、大きく価値観が変わる体のパーツといえば、【おっぱい】ではないでしょうか。 産前は、大きな胸や形の良い胸がもてはやされていたのに、産後は、しっかり...
あわせて読みたい
母乳のため!と白ご飯を毎食2膳以上食べ続けた結果は… 産後すぐに保育器に入った次男。 当時、次男のために私ができることと言えば、絞った母乳を届けることくらい。せめてこれだけは頑張ろうと決めた私は、母乳の分泌を増や...
あわせて読みたい
母乳育児は誰のため?追い詰められたママが自己暗示から抜け出せた瞬間! 初めての妊娠中、母乳は出るもの!と完全に思っていました。しかし思うようにいかず、退院してから母乳量を増やすための試行錯誤が始まったのです。 出典:ファンファン...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる